早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。 早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法 にお越しいただき、誠にありがとうございます。 当サイトは私が経験した早期退職にまつわる体験談をベースに  早期退職に至るまでの経験談  早期退職を有利する方法  早期退職後の稼ぎ方  退職金等の資産運用  趣味の夫婦海外旅行   というカテゴリーで記事を書いていますので、まずはこちらのサイ…

早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。 私が早期退職をしてから本業にしているのは、インターネットビジネスのうちの一つ、物販サイトアフィリです。 そのせいなのでしょうか、当ブログ読者の方からは 加藤さんはどんなやり方で収益を上げているんですか? 具体的には何をして稼いでいるんですか? というお金にまつわるご質問が多いのです。笑 ※ちなみに私の稼ぎについては、こちらの記事に書いてありますので、興味…

早期退職をすると誰もが不安になるのは、将来にわたって年金に頼らない生活収入を確保できるか?ということだと思います。私も早期退職をする前は不安に感じましたが、現行の年金制度だって全く保証はありません。特に私達世代がこれから先に年金で毎月25万円づつもらえるということは一切保証されてはいませんよね。 この記事に書いてあること今時の資産運用仮想通貨を購入するのはギャンブル?2017年6月某日の仮想通貨リ…

早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。 先日、当ブログの読者様より次のようなメールをいただきまして、「あっ、なるほど~」と思ったので今回は記事で紹介させていただきます。 はじめてご連絡いたします。 首都圏在住の会社員、◯◯◯と申します。 加藤さんの早期退職ライフと、 ブログのネットビジネスの記事を興味深く拝読しました。 加藤さん発信のメルマガなど、 定期的に新しい記事を読める登録方法がありまし…

50代での転職・再就職というのは、ヘッドハンティングでもされない限り普通に考えたら失敗することが多いと思いがちです。 ですが私のように50代を目前にした早期退職に応募して、第二の人生をあらためてスタートすることだってできますから、決して悲観することはナイと思うのです。 この記事に書いてあること50代で自らを振り返るキッカケとは50代までのサラリーマン人生50代の転職・再就職の現実50代転職・再就職…

(自称)早期タイ職マスターの加藤光騎です。 今回は当サイトの読者様からご質問いただいた内容と、そのお問い合せに対する私の回答をここでシェアさせていただきたいと思います。 ※文中の表現は一部修正させていただいております   この記事に書いてあること読者様からのお問い合せ内容早期退職のときに確認しておきたいこと早期退職をする前に、諸条件はシッカリ事前確認しよう 読者様からのお問い合せ内容 A…

50代でナイスな早期退職をするために失敗しない準備の方法や必要なことって何なのか、私の経験を交えながらお話しします。 この記事に書いてあること50代で早期退職するために最初に準備しておくことあなたは今いくらの貯金があるか?あなたに本当に必要な収入はいくらか?支出を見直し削ることの重要性 50代で早期退職するために最初に準備しておくこと 50代で早期退職するために準備しておくこととは、大雑把な言い方…

東芝が異例ともいえる決算発表の再延期をしたことで、東芝の上場廃止がますます現実味を帯びてきましたね。 この記事に書いてあること東芝が上場廃止となるとどうなる?東芝株を持っている株主はどうなる?東芝株は紙切れになるのか?東芝の社員持ち株は?一番恐ろしい結末はJALやスカイマークと同じ 東芝が上場廃止となるとどうなる? 今回の決算発表再延期の理由は、 ウエスチングハウスの内部統制問題で監査法人から決算…

1 2 3 11
はじめて当サイトへ来られた方へ
ようこそ!早期退職は副業から セカンドライフで3つの夢を叶える方法へ!!
セカンドライフで夢実現!soukitaisyokuで3つの夢を叶える方法管理人
初めて当サイトに来られた方は、まずこちらへどうぞ!

⇒こちら
管理人ご挨拶

■早期タイ職マスター(自称)
当サイト運営者の加藤光騎です。
早期退職は「退く」にあらず!夢を叶えるはじめの一歩です。私は2012年10月に47歳で自分でもビックリの早期退職をし、単身赴任先の本州から生まれ育った北海道に帰省しました。そして早期退職後は自分の人生を見つめつつ、中年の再就職の厳しい現実を目の当たりにし、八方塞がりの状態からインターネット自営業の道を選びました。時間はかかりましたが、2015年12月苦節3年50歳、遂に地元北海道で起業し夢を一つ実現しました。
⇒管理人プロフィールつづきはこちら
質問・相談いつでもどうぞ
お問い合せフォームへ
記事更新をメールでお知らせ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ記事更新をメールで受信できます。

ご声援お願いします
最近の投稿
よく読まれている記事