40代前半で早期退職する決断は正しいのか?心構えと考え方について

アナタの現状を見つめ直す

早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。

40代前半で早期退職する...

一般的にはかなり早い『決断』になるかと思いますので、一時の短気ゴコロや自暴自棄になって早期退職しないようにしないと後悔先に立たずになります。

スポンサードリンク

40代前半で早期退職するときの注意点

40代前半で早期退職するときの注意点ですが、

 落ち着いてアナタの現状を見つめ直すこと

簡単に言ってしまえば

  • 自分の意思で前向きに早期退職するのか
  • リストラや肩叩きで不要人材として退職させられそうなのか

をしっかりと見つめ直しましょうということです。

最近は終身雇用制も崩れつつある日本企業ですが、それでも大卒・高卒時に一括して雇用し定年まで勤め上げてもらうスタイルがまだまだ多数派であることに変わりはありません。

そのような会社社会で、

一般的に40代前半といえばいわば会社の中核となって働いている、働くことが期待されている世代のはずなのです

だいたい40代前半だと会社で課長クラスになっている人が多いでしょう。

この年代は専門性の高い仕事をするとともに、部下をまとめる役割も期待されているわけで、普通に考えれば会社にとって最も必要とする人材のはずです。

なのにあえて早期退職を選ぶのですから、冷静になって自分の現状を見つめる必要があるのです。

同期、同年代、同程度の経験を持つ同僚たちと比較してみる

アナタの周囲を見渡してみましょう。

 同期、同年代、同程度の経験を持つ同僚と比較して、アナタの役職やポジション、年収はどうなっているでしょうか?

周りは全て管理職や管理職一歩手前まで来ているのに、アナタはまだ何の役職もない平社員だということであれば、厳しい言い方になるかもしれませんが、冒頭に書いたリストラや肩叩きで不要人材として退職させられる社員の可能性が高いです。

なおここで誤解して欲しくないのは、

 だからと言って早期退職するな、何としてでも会社に残れと言っているわけでは決してないです

ポイントは退職しないことではなく、そういう自分の立ち位置を知ることなのです。

リストラや肩叩きで不要人材として退職させられそうな人は、たとえ会社に残ったところで今後の出世は望み薄です。

であれば、早期退職して自分を活かせるところを探すのは立派な選択肢だということになります。

アナタのキャリアを見つめ直す重要性

もしアナタが今の会社ではリストラや肩叩き予備軍だったとしたら、それはアナタの力を十分に発揮できなかったということです。

であれば、自分が本当に力を発揮できるところはどこなのか、自分に向いていることは何なのか?を真剣に考える必要があります。

一般には40代前半にもなるとそれなりの実績、経験がないと再就職は厳しくなります

アナタのキャリアを冷静に見つめ直した結果として、自分には再就職は厳しい...かと言って一念発起して起業することも難しいとなれば、たとえ出世が見込めずとも今の会社に残ることは立派な選択の一つです。

自分の意思で前向きに退職するような人

一方で自分の意思で前向きに退職するような人も、しっかりと自分を見つめ直すことは必要です。

再就職するにせよ起業するにせよ、本当に自分の強みは何なのかを知らない人は結構いるものです。

そんな人はもったいないことをしているわけです。

今の会社では上司が評価してくれていたかもしれませんが、いざ会社を離れるとアナタはアナタ自身を評価し、相手にアピールしなければなりません。

アナタはこれまでどんなことをしてきたのか、何が強みで、どういう実績があるのかを整理しておくことで、新天地での力強い一歩を踏み出すことができるようになるでしょう。

 40代前半は『厄年真っ盛りか、ちょっと超えたあたり』です

精神的にも肉体的にも人生の転換期にさしかかっているは間違いないので、よく考えて行動しましょう。

早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法メルマガ登録
スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ