【プロフィール】加藤コーキ

48歳で初挑戦したブログとアフィリエイトで累計3500万円を稼ぐも、2019年春のGoogle大変動におみまいされ、すべてを失う

それでも今までで得た経験と手法をブラッシュアップし、令和のブログアフィリエイト新時代を卒なくこなす55歳。

未経験・初心者の中高年でもネットビジネスでお金を稼げることを体験し、第二の人生を自宅でゆるゆると満喫しているオヤジの物語。

加藤コーキのプロフィール
【住んでいるところ】北海道札幌市内
【性格】「めっちゃ温厚でほぼほぼ怒らない人」と言われます
【出身地】北海道河東郡
【年齢】1965年(昭和40年)2月生まれ
【出身学校】2年制専門学院の写真学科卒業
【職歴】札幌ススキノでパブ男歴2年(髪ふさふさ10代の頃)
    札幌のビル管理会社で5年勤務(ビルクリーニング技能士、建築物環境衛生管理技術者取得)
    26歳で転職し某住宅設備機器メーカー工事子会社勤務(2級建築施工管理技士)
    管理職、全国転勤を経て2012年47歳で早期退職
【現在の職業】インターネット広告業(合同会社コーキ代表社員)
【趣味】夫婦で海外旅行、旅行動画撮影と編集、映画、テレビドラマ鑑賞、カラオケ、
【家族】妻と二人暮らし、河東郡の実家には高齢の母1人暮らし
【好き】お刺身、お酒全般(ビールから芋焼酎・赤ワイン・日本酒のヘビロテ)
【嫌い】脂身、牛乳とその料理全般(シチューとか)

札幌で夜の稼業から昼の仕事へ

北海道生まれ北海道育ち。

そして今も札幌市在住、生粋の『どさん子』です。

昭和に北海道の地方都市で生まれ、高校までは地元で生活。

最初の大学受験に失敗し、浪人するために大都会札幌へ。

「大都会ってコンなにスゴいのかぁ!」

そんな大都会におみまいされた私は、浪人中にあっさりと『ススキノ』の魅力と魔法にどハマり。

そしてパブ男バイトに精を出しすぎ、再受験にもすべて失敗。

「ヤバい、こりゃあかなり遊びすぎちゃったぞ!」

カンカンになって怒る両親。

でも私は、札幌に(というかススキノに)は居たい。

なので、大学進学は諦め専門学校(2年制)に入学。

するものの、学校にはほとんど行かず、ススキノバイトと遊びに明け暮れる毎日。

その結果、専門学校卒業後も好きな就職先がなく、なんとなく流れでプータローになるという。

「20歳でプータローって、思い描いていた人生とは全然違う…」

このままではイケナイと一念発起し、当時同棲していた彼女のお父上のコネをがっつり利用。

札幌の小さなビル管理会社に21歳の夏に就職し、念願の社会人デビューしたことで、

「これでオレも夜の稼業から、日の当たる場所に出られたゼっ!!!」

と人生の勝ち組に入ったつもりでしたが、勤め先はメッチャ小さかったので、まー給料やすい。

「こんなハズじゃなかった...」

仕事も建物の清掃と警備ばかりで、20代前半の私には苦痛の日々。

それでもせっかく昼の社会に出られたのだから、

「若いうちは『石の上にも三年』、修行だ、修行だ、修行だ~っ!」

と自分に言い聞かせ、地道に仕事を続けるものの、日々の不満はつのるばかり。

そうして迎えた25歳の冬、サラリーマン人生で4回目の冬のボーナスが、

「総支給額19万円(税込み)って、4年間働きつづけてコレか...」

ついに感情が大爆発し、転職を決意しました。

最初の転職でようやく夢をつかんだかと...

さいわい世間はバブル真っ只中の1990年。

私の最終学歴は高卒でしたが、この転職活動では『6社受けて6選全勝』と絶好調!

かくして転職先はアッサリ決定し、住宅設備機器メーカー(全国大手!)の工事子会社の北海道営業所に中途採用されました。

「ついに…社会人足かけ5年、 苦労し続けた経験は報われた…」

実際に転職先の待遇は、北海道の企業にはありえないほど良かったんです。

当時はまだ少なかった完全週休二日制であるばかりか、

・朝7時前出勤時には朝食手当(確か850円)

・昼ごはん手当は給料にて別途支給

・夜7時以降の残業時には夕食手当(確か850円)

しかも最初にもらった給料が、手取りで前職の冬のボーナスをはるかに超えてたという。

そんなこんなで順調に30歳をむかえ、3つ年下の今の奥様と結婚。

その前の年に新居用に買っていた、札幌郊外の3LDKマンションで新婚生活をスタート。

仕事も順調、昇格も順調、給料アップもすこぶる順調でしたので、

「ようやくオレも人並みの幸せをつかめたなぁ…」

と自画自賛してました。

でもですね...

そんな高待遇で勤めつづけていると、いつしかそれが当たり前となってきて。

そうなると不思議なもので、今までは考えもしなかった不満がいろいろと出てくるものなんです。

「オレは優秀なんだから、もっと給料もらってもイイはずだ!」

なーんて自分を過大評価したり、上司が無能に見えてきて直接批判したりして...

いま振りかえって考えてみると、かなりイヤな部下だったでしょうねタブン。

「当時の上司の○○さん、本当にすいませんでしたっ!」

私の運命を変えた2つのできごと

そうして40代になった私に、

『運命を変えた2つのできごと』

が起こります。

1つ目は、のちに良いことへと転換した、

『奥様の就職にまつわる家庭とこれからの人生設計』

のこと。

2つ目は、私の副業に端を発して最悪の結末となった、

友人の借金根保証人

を引き受けてしまったこと。

「厄年ってコウいうこと?」

ってくらい失笑しちゃうハプニング続き。

私の40歳からの人生は、また大きなうねりに飲み込まれるごとく変化し始めました。

その結果が『栄転』とは名ばかりの、北海道営業所からの追放。

「えっ、地元採用100%だから転勤ナシってのが採用時の条件でしたよね?」

なのに、さまざまな理由をつけられ...

40歳まで北海道を一度も出たことのない私。

『生粋のどさん子』

にとって最もハードルの高い、東京都心での初の単身赴任生活を命ぜられました。

その後も試練はつづき、

  • 単身赴任生活は6年半
  • その間にも本州内で5度の単身引越し
  • 1年間で2度配置変えされること2回

といったサラリーマン修行を経験したのです。

青天の霹靂、早期退職の募集

当社は早期退職の募集を開始します

47歳の夏。

青天の霹靂。

まさに降って湧いたような、早期退職の募集が行われました。

もともとは、親会社だけで行われるハズだった早期退職。

それが、当時の新会長の意向でグループ会社全体に拡大。

かくして40歳以上のグループ社員全員が、すべて早期退職の対象となりました。

ですが、当時の私は『全力で拒否』モード。

会社や単身赴任は確かにイヤでした。

だけど、だからって会社を辞めてまで自分でヤッてみたいことなんて特になく。

なので、

「早期退職なんて、会社側が都合のいいように社員を辞めさせたいだけジャン!」

と思って拒否姿勢で身構えていました。

そうして40歳以上の対象社員に、きわめて儀式的に早期退職の募集要項資料が手渡されたとき、

「オレだけは絶~っ対に、会社の策略にはハマらない!辞めないぞ!!」

そう思いつつも...好奇心に負けてね。

受け取った『早期退職割増し金』の予定額をチラッと見た瞬間...

頭からつま先まで『ビビビッ』と衝撃が走ったんです。

「これだけ『まとまったお金』が手元に入ってくるのなら、会社を辞めても第二の人生に踏み出せる!...かも...」

特にベラボウに高い金額が書いてあったわけではありません。

でもですね、その金額を見たときに、私の中でヒラメキがあったというか。

新しい人生のビジョンが天から突然おりてきたような、そんな衝撃を受けたのです。

いま考えてみても不思議なのですが、

天啓

という言葉がピッタリでした。

それからというもの、私の考えることは、

『どうやったら円満に早期退職できるか?』

ということばかり。

「奥様をどうやって説得しよう?」

「早期退職したあとは、どんな仕事をしよう?」

「自分のキャリアで今から何ができるだろう?」

そんな思いがグルングルンと頭の中をかけめぐる毎日。

早期退職募集の応募期間は1ヶ月後でしたから、この間にいろんなことを考えました。

「どうする、どうする、どうする、オレ~!!!」

考えに考えぬいた末に私は、奥様の説得に動きはじめたのです。

※このときの私の心境などは、コチラの記事に書いています。

そんなこんなで、47歳になった2012年10月末に会社を早期退職。

当時仙台で単身赴任中だった私は、仙台港からフェリーで本州を離れ北海道にIターンしました。

「ただいま北海道!帰ってきたよ札幌!!」

北海道人は、北海道から離れられないのです。

第二の人生、セカンドライフは自由に生きよう

47歳で無職となって北海道に戻ってきたとき、私が最初に考えたことは、

「再就職したって、北海道では前の会社の給料までは絶対に稼げない…」

「だったら、サラリーマンじゃない自由な仕事を、自己責任でしてみよう!」

そう思いました。

それが、47歳でインターネットビジネスに挑戦することになったキッカケ。

いま思えば、無謀といえば無謀だったかも。汗

でも、それで自分の小さな会社を持つまでになったのですから、人生って不思議ですよね。

それもこれもすべては、私の決断、そしてインターネットという環境があったからこそ。

ブログやアフィリエイトという、ネットでお金を稼ぐシステムがあったから成立したんです。

インターネットで第二の人生セカンドライフドリームを掴む!

インターネットで自宅にいながらお金を稼ぐ!

なーんて、他人の夢物語だと思っている人もたくさんいるでしょう。

でも私の場合は(最初に時間はかかったものの)、第二の人生セカンドライフで50歳となった2015年には、ネットでお金を稼ぐことができていました。

そして私は、今までにネット上に創り上げたブログやアフィリエイトサイトで、累計3500万円のお金を稼ぐこともできました。

こんな夢みたいな、素敵なコトが、50オヤジにも出来ちゃうのがネットビジネスなんです。

※私がインターネットで稼いだ道のりはコチラの記事、⇒50代で月153万円をパソコン1台で稼いだ秘密 で詳しく書いています。

2019年春のGoogle大変動におみまいされる

ココまで来れば

「第二の人生もバラ色!」

と思っていた2019年の春。

巷のアフィリエイターを襲った「Google大変動」に、私も漏れなくおみまいされました。泣

それまで私の作成していたアフィリエイトサイトが、一晩のうちに検索順位をドドドッと下げ、1円もお金を稼げなくなってしまったのです

サイトアフィリエイトは、サイトの順位が1つでも下がると収入が激減します。

それが、手持ちのアフィリエイトサイトのほとんどで起きてしまったという。

まさに悪夢...

信じられない出来事...

何度パソコンの画面を確認しても、現実が理解できない...

7年間に渡る私のアフィリエイト実績が、一瞬で水の泡になった瞬間でした。

まさしくバブルでしたね...

すべてを失った?いいえ、違います

アフィリエイト報酬を稼げなくなったアフィリエイトサイトほど、ネットで無駄なモノはありません。

つまり私の7年間で作り上げてきたアフィリエイトサイトは、全く機能しない単なる「ゴミ」になってしまいました。

しかも、たった一晩で。

さて、あなたはこう聞くと、どう思うでしょう?

『無駄な7年だったね』と思ったでしょ。。

でもですね、決してそんなことはありません。

ネット収入が一瞬でゼロになったことから、よーく考えて「これから出来ることの棚卸し」をしてみると、私には、

  • 7年間で培ったアフィリエイトスキル
  • 7年間に創ってきたオリジナルブログ

の2つが残っていました。

私は2019年春に、ネットビジネスでお金を稼げなくりました

ですが、別の手法で再スタートできる「経験」と「知識」が私にはあった

それが、今の私だからこそ出来る「オリジナルパワーブログアフィリエイト」のスタートです。

自分自身の資産となる『ネットで稼ぐ力』を身につけたおかげで

当ブログも、元々は私の「早期退職経験ネタ」を自由に綴っただけのもの。

「まあ、人と違うコトって言えば、40代で早期退職したってコトぐらいかなぁ…」

と、ほぼほぼ思いつきで始めたブログです。

それが今では『オリジナルパワーブログ』へと成長し、アフィリエイト報酬もいただけるようになりました。

私の今までの体験を、ゆるゆるっと書いただけのブログ。

なんですが、

  • 47歳で早期退職をして
  • 48歳でインターネットビジネスであるブログやアフィリエイトに初挑戦して
  • 累計で3500万円以上を稼いで
  • 50歳2015年に法人化したものの2019年春に売上ゼロとなって
  • 令和という新時代をまたリスタートしたブログアフィリエイトを卒なくこなすオヤジ

こんな私の『第2の人生(セカンライフ)経験』は、同じような夢や希望を抱いた同世代中高年の、

「一つの道しるべ」

になるんじゃないかな?と思ったのです。

ブログとアフィリエイトは中高年に理想的な仕事

そんな私の人生経験から言わせてもらうと、

ブログやアフィリエイトは中高年に最適な仕事!

そう本気で思っています。

いや、

中高年こそ、もっともっと取り組まねばならないのがブログやアフィリエイト!!

だと声を大にして言いたい。

だって、ブログやアフィリエイトって

  1. 元手(軍資金)はほぼほぼ不要
  2. パソコン環境されあれば、どこでも、誰にでもできる
  3. 体力をほとんど使わない
  4. 今までの人生経験を、ネタとして存分に活かせる
  5. 成功すれば、サラリーマンの年収以上のお金が稼げる
  6. 必要なのは「粘り」と「頑張り」と「正しい戦略」のみ
  7. あとはひたすら、真っすぐ、愚直に、今までの人生の歩みのように続けるだけ
  8. 定年とか退職は自分で自由に決められる

こんな夢のような仕事って、中高年の再就職にはありえませんよ。

私が早期退職してから通ったハローワークなんて、悲惨な再就職先しかなかったし。

ブログやアフィリエイトは、中高年にとって理想的な仕事です。

というか、中高年こそ、インターネットを使った仕事を主流にすべき!

「体力が若い頃と違って衰えてきても、自分のペースでできる仕事ですよ!」

「人生経験豊富で、考えることが得意な中高年にこそできる仕事ですよ!」

「定年退職のない、好きなだけ自営業で続けられる仕事ですよ!」

このように、インターネットビジネスは「自由」と「希望」てんこ盛り。

だから若い世代が、自らの成功を夢見て、どんどんチャレンジしている。

でもそうじゃない!

本当は中高年こそ、積極的にインターネットを使うべき。

ブログやアフィリエイトをどんどん学んで、人生に取り込むべきなんです。

好きな時に、好きな所で、好きなだけ働いて、第二の人生を楽しく過ごす

私は、47歳からネットビジネスの世界に飛び込んだ、いわば新参者。

ですから、中高年がインターネットを使ったブログやアフィリエイトを志したときに味わう『苦痛』や『苦悩』を、それこそ散々味わってきました。

年下の指導者の『軽蔑している空気』を感じながらも教えを請うたり、タメ語で教わったりと。

でも、若い人に指導される『辛さ』や『切なさ』って、そのまま先の見えない不安につながるんですよね、年を取ってくると。

そんな私だからこそ、あなたにお伝えできること、それは、

「たった1つのオリジナルブログ作りで集客するスキルを極め、ネットでお金を自力で稼ぐ能力をマスターして、第二の人生で自らの夢と希望を実現しませんか?」

ということ。

令和新時代から中高年が『オリジナルパワーブログアフィリエイト』で最適・最短にお金稼ぎ、そして、

「あなたがネットでお金を稼いで、あなたの思いどおり自由自在に使っちゃおう!」

若かりし独身時代の頃のように。

「自由自在に使えるお金、イヤですか?」

ってことです。

中高年の第二の人生には、夢があってしかるべき。

「夢こそ、自らを奮い立たせる原動力!」

だから私は、中高年がネットでお金を自由自在に稼げるようになって、どんどん夢を叶えていってほしい。

今までの人生でメッチャ苦労してきた中高年にこそ、

「第二の人生では、好きな時に、好きな所で、好きなだけ働いて、楽しくやりましょ!」

と言いたい。

今まで頑張ってきた人生なんですから、そろそろあなた自身のやりたいことをしましょう。

あなたの人生の価値をもう一度、インターネットで、ブログやアフィリエイトでお金を稼いで盛り上げましょう。

中高年になった今だからこそ、とにかくみんな、楽しい仕事をしてほしい。

そう思いながら、私はネットビジネスを続けています。

当ブログの運営理念

ブログ運営理念
中高年が自らネットでお金を稼ぐ力を持ち、今までの人生経験を武器に、これからの『安心』と『自由』を手にしてもらうこと

日本の中高年が、これからも元気にお金を稼いで、モリモリ正しく使い、日本をより良い経済活動でどんどん潤していく。

  • 好きなときに休みを取ったり
  • 地元が寒い季節には南国にロングステイしたり
  • 一念発起したいときは、ゆっくりと伊勢参りに出かけて願掛けしたり

「己の力」で楽しくお金を稼ぎ、年金には頼らずに、第二の人生をより豊かにしていく。

そしていつの日か旅立つときに

「私の人生、楽しかった…」

「私の人生、最高だった…」

と心から言えるよう、今から理想の第二の人生を掴みに行く。

そんなことを1人で妄想しながらニヤニヤしつつ、今後も当ブログを運営していきます。