早期退職の心構え

55歳で早期退職するとしたら貯金の目標額はいくらになる?

早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。

こうき
こうき
55歳で早期退職をするとしたら、大切なのは「自分が思い描く退職後の生活に必要な年間生活費を把握する」こと。
つまり「退職後の生活に必要な年間生活費」があって初めて、「55歳で早期退職する貯金の目標額」が試算できるのです。

ですからこの機会に、あなたの「55歳で早期退職するトキの貯金目標額」を把握しておきましょう。

この記事はこんな方におすすめ!
  • 55歳くらいで早期退職したいと考えている方
  • 早期退職するときに必要な貯金額を調べている方
  • 55歳で早期退職するとしたら貯金の目標額はいくらになるか知りたい方


スポンサードリンク



55歳で早期退職を選ぶことのメリット

現在は62歳定年というのが通常になってきていますので、55歳で退職するというのはいわゆる「早期退職」に該当します。

健康状態や精神状態は人により異なりますが、55歳と言えば一般的にはまだまだ働き盛り、気力も体力も充分でもっともっと社会や会社で活用されるべき年代でしょう。

ですから「55歳で早期退職を選ぶことのメリット」としては、そうした気力や体力を社会や会社に向けてではなく

  • 自分のためや家族のために気力や体力を使うことができる

と言う点が挙げられます。

こうき
こうき
自分のやってみたかったこと、夢実現に向けて第2の人生を歩み始めるには、55歳はうってつけの年齢ということですね。

55歳で早期退職 = お金の心配がつきまとう

しかし夢実現に向けて第2の人生を歩み始めるためには、必要なものがいくつかあり、その筆頭として挙げられるのが「お金」です。

55歳で早期退職しても、いくら時間があり、気力も体力もじゅうぶんであっても、日々の生活を送るためのお金が不十分であっては、生活そのものの基盤が揺らいでしまうため、第2の人生どころではありません。

こうき
こうき
ですから55歳で早期退職する前に、「お金のこと」やそれまでにする「貯金のこと」を考えておくのは非常に重要なことです。

55歳から寿命全うまでの人生を考えてみる

早期退職といえども退職金制度がある会社であれば、ある程度まとまった退職金は支払われます。

しかし結論から言うと、いきなりそれに手をつけてしまうのは決して賢明とは言えません。

55歳で早期退職してから日本人の平均寿命である82~87歳まで生きることができるとしたら、早期退職後も約30年間の月日が流れることになります。

まずは55歳から通常定年の62歳までの生活を考えてみる

こうき
こうき
ですから55歳で早期退職をしても、それからまた働くつもりでいると言う人も多いことでしょう。

しかし歳を重ねるにつれ気力は充実していても、体力が仕事を続けられるに適している状態であり続けるとは限りません。

加齢と共にどうしても心身機能は衰えていきますから、それにより働きたくても働くことが難しいと言う状態になることも無くはないのですから。

とはいえ、老いは誰にでも来るものであり、55歳で早期退職しようと62歳で定年退職しようと同じです。

ですから55歳で早期退職をする場合は、

  • 62歳の定年退職を迎える前に、少しでも若くて気力体力が充実しているうちに「やりたいこと」を実現化する

という強い思いあれば、必ず成功へとつながるでしょう。

【要注意!】55歳で早期退職しても住宅ローン繰り上げ返済はダメ

そうなると55歳で早期退職以降の生活を支えるのは、

  1. それまでの貯金
  2. 65歳からの年金収入
  3. 早期退職金

そしてこの中でも早期退職金は、比較的金額が大きいですから「まとまったお金」として考えてください。

こうき
こうき
巷では良く「退職金で住宅ローンの残債を繰り上げ返済して、借金のプレッシャーから開放されたい」という声を聞きますが、私は個人的に大反対です。

現在は超低金利時代ですから、

  • 大きな借金は出来るだけしておいたほうが借り特になる

ことに他なりません。

ですから住宅ローンが3%以上なら、サラリーマンのうちに銀行を変えるなどして低金利で組み直しましょう。

そして「早期退職金」は金融資産運用で住宅ローン金利以上の利ざやを稼ぐほうが、最も手持ちの貯金を有効活用できます。

55歳で早期退職するときに必要な貯金

こうき
こうき
では55歳で早期退職すると場合、貯金の目標額はいくらくらいに設定しておくのが望ましいのでしょうか?

これは勿論、個人の金銭感覚や住まいの形態、居住地域などにより異なります。

しかし一般的には、

  1. 老後の生活費は夫婦でおよそ月27万
  2. 少し贅沢するか、ゆとりのある生活を送りたいのであれば夫婦でおよそ38万円が月に必要

だとされています。

単身の場合は、この金額を2で割った金額です。

これをもとに単身の55歳が早期退職する場合を計算してみると、まず13.5万円×12ヶ月=1年間に162万円が必要となります。

そしてこれに85歳から55歳を引いた30年と言う年月をかけると、162万円×30年=「4860万円」です。

夫婦の場合はこの2倍の「9720万円」という金額が必要になります。

55歳で早期退職金が2000万円貰えた場合

ですが55歳で早期退職金が2000万円あると、夫婦2人の場合は9720万円-2000万円=7720万円。

65歳からは年金が支給されるので、仮に夫婦の年金支給額を月18万円とすると、65歳から85歳までの20年間は18万円×12ヶ月×20年=4320万円になります。

つまり55歳で早期退職するときに必要な貯金は、7720万円-4320万円=「3400万円」という計算です。

55歳以降に再就職するとコウなる

とはいえ「3400万円」という金額は、55歳で早期退職をしたら一切仕事はしない場合の金額です。

55歳で早期退職しても、一般的には年金のもらえる65歳までは「給料が低くても社会保険目当てで働く」人が多いんじゃないでしょうか?

となると55歳から65歳まで働いた分の月収を15万円と仮定すると、15万円×12ヶ月×10年=1800万円は確保できます。

ですから55歳で早期退職して65歳まで再就職するときに必要な貯金は、3400万円-1800万円=「1600万円」です。

55歳で早期退職するときの貯金の目標額まとめ

こうき
こうき
住宅の評価価値や流動資産を合わせて「1600万円」の貯金があれば、85歳までは計算上生活できることになります

ですから55歳で早期退職する場合は、少なくともこれだけの金額を貯金しておくのが望ましいと言うことです。

とはいえ住宅の評価価値や流動資産を合わせて「1600万円」という金額は、普通のサラリーマンには決して容易な金額ではありません。

更には今後は年金自体があまり頼りにできないでしょうし、自分の健康状態の不安を解消することを思えば、これ以上の金額を貯金しておくことが望ましいでしょう。

55歳で早期退職するにしても、貯金のことにしても、

その時になってから考えればいいや

という考えでは、後悔することにもなりかねません。

この記事の要点まとめ
  • 55歳で早期退職する一つの目安は「1歳でも若いうちに実現したいことがあるか」ということ
  • 55歳で早期退職しても住宅ローンの繰り上げ返済は損してしまう
  • 55歳で早期退職するときに必要な貯金額は、毎月27万円の生活だと住宅の評価価値や流動資産を合わせて「1600万円」と試算できる

スポンサードリンク



こうき
こうき
ですから早め早めにあらゆることを想定しながら考え、給与以外のお金を稼ぐ方法や副業の方法などを計画的に行動に移していくことが大事になっていくのです
あわせて読みたい
早期退職後の生活で失敗しないための守破離とアドバイス 早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。 私は2012年10月、47歳のときに自分でもビックリの早期退職をしました。 ...

=========================================

光騎写真

光騎です。
記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
今後も価値のある情報を
どんどん提供していきますので、
ご愛読のほどどうぞよろしくお願いします。

【お知らせ】
ワタクシ光騎は当ブログ限定で無料メルマガを発行しています。
普通のサラリーマンだった私が47歳で早期退職し、
紆余曲折を経て50歳で月収150万円を達成した
具体的なノウハウ、知識などをメルマガ限定でお伝えしています。

またブログではお伝えできないヤバイ裏情報も
完全暴露しちゃってたりします。

なおメルマガに登録していただいた方には
2つのオリジナル特典をプレゼントしています。

他にも有料級の内容は
メルマガ限定で配信していますので
ぜひ登録をしてお読みください。

メルマガ登録はこちらから

光騎メルマガ登録ページへ

50歳で月収150万以上を稼ぎ出し『ひっそりユルユルと毎日』を過ごす方法
★期間限定で公開中★