早期退職の心構え

早期退職制度の規定と条件|47歳の私に提示された内容とは?

Amazon売れ筋ランキング 個人ファイナンス1位獲得!

パソコンを見てビックリ
早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。

こうき
こうき
私が早期退職制度に応募したのは2012年10月、当時の私は47歳でした

そんな私に早期退職制度募集で会社側から提示された規定と条件について、ここではまとめました。

この記事はこんな方におすすめ!
  • 早期退職制度募集のことを知りたい方
  • 早期退職制度の規定について調べている方
  • 違う会社の早期退職制度に興味のある方


スポンサードリンク



早期退職制度はけっこう条件があった

まず最初に早期退職制度を行うにあたり、該当者全員に『希望退職の募集に関するお知らせ』というのが応募要件を満たした社員全員に配布されました。

順を追って解説しますね。

希望退職の募集概要|1.対象者

対象者は2012年10月の早期退職日時点において

  1. 勤続5年以上
  2. かつ年齢が40歳以上59歳以下の正社員
  3. ただし定年までの残期間が6ヶ月に満たない者は除く
  4. そして募集期間中に本人が申請し、会社の承認を得た者

勤続5年以上と40歳以上が対象ですから、かなり若い世代までが対象となっていました。

そして早期退職日までに満年齢で40歳に達していないとダメだというところがポイント。

こうき
こうき
ここにあと数ヶ月達していなくて、泣く泣く対象外となった社員もたくさんいました。

希望退職の募集概要|2.応募受付期間

  • 2012年8月◯日(月) ~ 2012年8月◯日(金)<2週営業期間>
  • 最終日〆切りは就業時間内とする

 
応募受付期間は営業日で実質2週間。

そして申請書受理が必着ですので、私を含め希望退職を考えていた人は送付方法や提出にあたり、確実にインターセプトされずに届ける方法を個々に検討していました。

こうき
こうき
私は社内便などは使わず自費で郵便書留で送付ましたし。

希望退職の募集概要|3.申し込み方法

  • 希望者は該当部署宛に『希望退職申請書 兼 誓約書』を提出すること

専用書式に直筆で記入しての提出と決められていました。

ちなみに制約条件とは

  • 退職にあたりお客様や生産ラインに迷惑や支障を一切きたさぬよう計画的かつ十分な引き継ぎを行い、上司の確認を得た上で完了させること
  • グループ関連会社には就職しないこと
  • 同業他社には2年間就職しないこと
  • 現顧客出向先へ再就職する場合は1年間独立しないこと
  • 通常の退職と同様の機密保持に関する誓約をすること

となっていました。

こうき
こうき
要はしっかり十分な引き継ぎをして、辞めたあとは同業他社には行っちゃダメだし、勤務中に知り得た社内秘はバラしちゃだめよってことですね。そして

・会社承認結果については9月◯日以降、該当部署より連絡します

とありました。

希望退職の募集概要|4.優遇条件

つづいて今回の希望退職の優遇条件が書かれていました。

  1. 通常退職金:会社都合支給率による退職金額を支給します
  2. 特別加算金:応募者の給与と年齢をもとに算出した金額を『特別加算金』として支給します
  3. 賞与見合額:退職が10月であり2012年冬賞与が支給対象外となるため、原則2012年夏賞与と同額を支給します
  4. 上記は税金を控除したうえで退職後1ヶ月程度を目処に支払います
こうき
こうき
個人的に冬のボーナスを前倒しで支給してもらえるのは、メッチャ有難かったです。

いろいろローンなどの支払いが決まっていましたからね。

希望退職の募集概要|5.再就職支援

  • 希望者の希望により会社が契約した再就職支援会社のサービス利用できます

これも再就職の不安を解消するサービスだったです。

こうき
こうき
私の場合は『リクルートキャリアコンサルティング』というサービスを利用させてもらうことにしました。

希望退職の募集概要|6.その他

その他の条件はなかなかクールなものでした。

  1. 社宅・転居は退職後1ヶ月以内に退去し、引越しにかかる費用は個人負担となります
  2. 同業他社への再就職は原則2年間禁止です
  3. グループ各社への再就職は原則認めません

私のように会社の人事命令で単身赴任をしていた者でも、社宅の撤去費用や自宅までの引越し費用はすべて自腹でした。

こうき
こうき
去る者に会社はキビシイということです。

希望退職の募集概要|7.制約条件

そして最後にこんなことが書かれていました。

  • 次の各号のいずれかに該当する方は本取り扱いを適用しません
  • 希望退職に応募し承認された方で退職日以前に社員の身分を喪失した場合
      ⇒休業期間満了による退職・死亡退職・懲戒解雇・諭旨解雇など
  • その他、会社が本制度の適用に不適切と認めた場合

う~ん、これはなかなかに恐怖でした。

こうき
こうき
だって希望退職前に社員として何か粗相をしたら(例えば交通事故とか刑事事件とか)アウトってことですからね

かなり真面目にそして何事も起こさないようリスク管理を徹底した2ヶ月間を過ごしました。

そして最後の最後に書かれていたことは。。。

  • 希望退職は今回限りの人事施策です
こうき
こうき
実際にあれからもう数年たちますが、未だ2回目の希望退職は私がいた会社では行われていないようです。
この記事の要点まとめ
  • 早期退職の募集、私の会社は40歳以上かつ勤続年数5年以上が対象だった
  • 早期退職の募集期間は2週間と厳しく決められていた
  • 早期退職割増金は通常退職時よりもかなり割増されていて驚いた

スポンサードリンク



こうき
こうき
この他にも早期退職をするときの注意点はたくさんあるのを知ってましたか?
あわせて読みたい
早期退職後の生活で失敗しないための守破離とアドバイス 早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。 私は2012年10月、47歳のときに自分でもビックリの早期退職をしました。 ...

=========================================

光騎写真

光騎です。
記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
今後も価値のある情報を
どんどん提供していきますので、
ご愛読のほどどうぞよろしくお願いします。

【お知らせ】
ワタクシ光騎は当ブログ限定で無料メルマガを発行しています。
普通のサラリーマンだった私が47歳で早期退職し、
紆余曲折を経て50歳で月収150万円を達成した
具体的なノウハウ、知識などをメルマガ限定でお伝えしています。

またブログではお伝えできないヤバイ裏情報も
完全暴露しちゃってたりします。

なおメルマガに登録していただいた方には
2つのオリジナル特典をプレゼントしています。

他にも有料級の内容は
メルマガ限定で配信していますので
ぜひ登録をしてお読みください。

メルマガ登録はこちらから

光騎メルマガ登録ページへ

50歳で月収150万以上を稼ぎ出し『ひっそりユルユルと毎日』を過ごす方法
★期間限定で公開中★