早期退職の心構え

50歳前に早期退職したいと夫に言われたらどう対処すべき?妻の意見まとめ

私の早期退職経験をまとめた本ができました!

早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。

こうき
こうき
私は勝手ながら47歳で早期退職をしてしまった身ですが、「俺、早期退職したい」と初めて妻に告げたとき、そのときの私の妻はどんな気持ちだったのかを考えると、少しだけ胸が切なくなります。

だってそれまで私はごくごく普通のサラリーマンでしたから、まさか夫が50歳を前に会社を早期退職したいと突然言い出すなんて妻は思ってもいなかったでしょう。

ですが現実的に私は50歳を前に早期退職することを妻に伝え、そしてなんとかOKをもらいました。

そんな早期退職してもOKの答えを妻にもらったとき私は、

「早期退職しても、この人(妻)を何がなんでも幸せにしなければ!」

とあらためて決心したことを思い出します。

ここではそんな私の妻に、

「50歳前に早期退職したいと夫に言われたらどう対処すべきか?」

をヒアリングし記事にまとめてみました。

あなたの参考となれば幸いです。

この記事はこんな方におすすめ!
  • 早期退職のことを家族に認めてもらう方法を探している方
  • 夫に早期退職したいとうちあけられた方
  • 夫に早期退職したいと言われた妻の本音を知りたい方


スポンサードリンク



突然夫に50歳を目前に早期退職したいと言われた妻の本音

長年共に暮らしてきた夫に突然、「早期退職をしたい」と言われてしまうと、私はちょっと動揺してしまいました。

ですが夫の年齢はもう50歳近かったので、感情的に仕事をやりたくないと放り出すような性格でもないことは十分承知しています。

ですから何かしっかりとした理由があるのだろうと思いました。

こんなときまずは、

「夫がどうして早期退職をしたいのか」

という理由をしっかりと聞いてあげることが大切です。

仕事そのものに対して不満があるのか、また職場の人間関係に疲れてしまったのか、また、50歳近くにもなると体力なども衰えてきている時期です。

体調など妻の知らない身体的な問題があるのかなど、さまざまなことが考えられます。

ですからまずはジックリ話を聞いて、そのまま会社に残ったほうがいいのか、また、退職をして新たな道を模索するほうがいいのかを共に相談し共に考えることにしました。

早期退職の期限は決まっていますが、別に1日2日で結論を出すこともありません。

時間をかけてお互いの意見をすべてさらけ出して、そして夫婦で結論を出すこと、それが一番だと私は思いました。

50歳前に夫が早期退職したあとのことを考えてみると

夫が会社を早期退職したいからといっても、スグに許すことは簡単ではありませんよね。

何も考えずに衝動的に行動してしまうと、夫婦生活などにもかなりの影響がでてしまいます。

また夫がこれから先に他に仕事をしたいのか、それとも当面は年金や貯蓄でやりくりしていくのかなど、どのように先のことを考えているのかをしっかりと聞いておく必要もあります。

そしてあまりにも計画性がない場合には夫を諭し、今の会社に残るように説得するほうがいいでしょう。

無計画な状態で楽観的に「なんとかなるだろう」程度の考えで早期退職してしまうと、50歳近い年齢なども考えると簡単には転職をしたりするのは難しいのは明らかですし。

またある程度の貯蓄がある場合には、しばらく無収入でもやりくりできるかもしれません。

ですが50歳近くの年齢ですと、いつどのようなことが起こるかわからないのも事実です。

急に病気になってしまうこともあります。

そのような不測な事態も起きうるという現実的な面を、妻として考えふまえた行動をすることも大切です。

夫に従うことが妻の役割ではない

夫に早期退職をしたいと言われたからといって、素直に受け入れる前に、まずはしっかりと夫がどうしてその状態に考えが至ったのか、それをまずしっかりと聞くことが大切です。

その内容が充分に納得がいくものならば、夫と協力してこれから先のことを考えていくといいでしょう。

ですが早期退職をしたい理由がささいなことだったりする場合には、できるだけ今の生活を維持していけるように夫ときちんと話し合いをすることが大切です。

実際に夫婦生活で定期的な収入がなくなってしまうのは、かなり不安になってしまいますから。

また早期退職でいくらかまとまった金額が入ってくるかもしれませんが、定年まで勤めあげる総収入よりはちょっと低くなってしまうことも考えられます。

そのように金銭的な面でも現実的なことを考え、きちんと夫と本音で話し合い、これからの夫婦生活が不自由しないためにはどのようにしたらいいかをしっかりと話し合いましょう。

また状況によっては、他の身内である親や親戚、友人とも相談し、どのような解決策があるかを模索するのも一つの手段です。

もちろん、家庭の問題であるため、信頼できる友人に相談すべきですが。

なお不特定多数の人に現状の家庭の状態を説明してしまうと、うわさなどが広まって収拾がつかなくなることもあります。

相談する相手を考え、しっかりと選び悩みをうちあけアドバイスなどを求めるのも大切です。

50歳前に早期退職したいと夫に言われたらどう対処すべき?妻の意見まとめ

結果的に私は、夫の早期退職を応援することにしました。

それは夫に

「会社を辞めて自分でやりたい夢がある」

と言われ、そのやりたい夢の内容をしっかりと聞かせてもらえたので、初めて夫を許す気になりました。

夫婦の会話を重ね合わせて、夫の夢を実現させてあげるのも妻の役割

なのかなーと思えたということが、私が決心できた一番のポイントだったかもしれません。

あなたも夫婦の会話を大切にしてください。

スポンサードリンク



こうき
こうき
妻目線のハナシ、グッときますよね。
あなたもパートナーのこと、シッカリ考えて行動してください。
あわせて読みたい
早期退職後の生活で失敗しないための守破離とアドバイス 早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。 私は2012年10月、47歳のときに自分でもビックリの早期退職をしました。 ...

=========================================

光騎写真

光騎です。
記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
今後も価値のある情報を
どんどん提供していきますので、
ご愛読のほどどうぞよろしくお願いします。

【お知らせ】
ワタクシ光騎は当ブログ限定で無料メルマガを発行しています。
普通のサラリーマンだった私が47歳で早期退職し、
紆余曲折を経て50歳で月収150万円を達成した
具体的なノウハウ、知識などをメルマガ限定でお伝えしています。

またブログではお伝えできないヤバイ裏情報も
完全暴露しちゃってたりします。

なおメルマガに登録していただいた方には
2つのオリジナル特典をプレゼントしています。

他にも有料級の内容は
メルマガ限定で配信していますので
ぜひ登録をしてお読みください。

メルマガ登録はこちらから

光騎メルマガ登録ページへ

50歳で月収150万以上を稼ぎ出し『ひっそりユルユルと毎日』を過ごす方法
★期間限定で公開中★