40代で早期退職するのは損か得か?|セカドリ

加藤光騎です。

40代で早期退職を選択するのは果たして得なのか、それとも損なのか...

いろいろと考えてみました。

40代の会社勤めは紆余曲折を経た経験がある

40代まで会社に勤めていると、さまざまなことがありますよね。

若い頃は右も左もわからず無我夢中で先輩から教わっていた仕事、それが40代だと中堅どころになってきますから、あなたが関わったプロジェクトがうまくいって喜ぶこともあれば、ちょっとミスをして精神的にダメージを受けたこともあったことでしょう。

長年サラリーマン勤めをすることで、さまざまな人との出会いもあったり、楽しいことや嫌なことなどもまた、たくさん経験したと思います。

そんなサラリーマンとしての日々を過ごしながら40代の年齢を迎えると、

  •  このまま会社で最後まで同じ勤め上げるか
  •  今までとは違う別の人生を進むべきか

と、今までの人生の歩みを振り返り、ちょっと考えてしまうことはあると思います。

そのような気分になったときに、

  • 40代で早期退職するチャンスが来た、けれどもそれは自分にとって本当に得なのか、それとも損なのか

と真剣に考え込んでしまう方もいるかもしれません。

でもそういうものなのです。

決してあなただけでなく、40代になると本当に今までの人生を思わず振り返ってみてしまうものなのです。

40代で早期退職したら損をしてしまうこと

40代で早期退職をするということは、

  • 今まで定期的に給料や賞与という形で安定した収入を得ていたものが、退職することで一度すべてなくなる

ということです。

また定年まで勤め上げて退職をするよりも、早期退職をした場合には年金受給額などにも差がでるでしょう。

そのような安定収入の側面だけで捉えるならば、40代での早期退職は損になるといえるかもしれません。

40代で早期退職して得をすること

ですが、40代で早期退職をしても、あなたがこの先どのような人生を送るかで充分得になることもあります。

  • 40年の人生を振り返ってみて、やり残してきたコトに気がついた
  • 今までとは違うコトにチャレンジしたい

というときには、早期退職をするとまずは自由な時間ができてシッカリ準備ができるので、得をするといえます。

また、今まで培ってきた仕事のノウハウを生かし、別の会社に転職するのも一つの手段です。

他に興味がある職種や業種があるなら、勉強しなおして資格などを取って、今までとは違う仕事にチャレンジするのもいいでしょう。

若いうちから未来に実現したい明確なヴィジョンをもち、それにあわせてしっかりと貯蓄をしてきている方なら、ヴィジョンに合わせた趣味などを生かして収入を得る方法を考えてみるのも楽しいものです。

今まで勤めている会社は残業や休日出勤が多く、それなりの収入にはなるもののプライベートがおろそかになるため、早期退職を決断する場合もあるでしょう。

このように収入が減ってもそれなりに自由な時間を手に入れるために早期退職をするのも一つの手段です。

今まで以上に家族との時間を大切にしたいと真剣に考えるのならば、そのような理由で早期退職をするのも立派な理由です。

このように考えると40代で早期退職することは、得することばかりということになります。

要はあなたの考え方次第だということです。

40代の早期退職は損得だけで決めるべきではない

40代はそれなりの年齢のため、若い世代よりも転職は困難になるという事実もありますが、会社での仕事の実績、今まで培ってきた経験などが生かせる会社を探しだすことができれば、転職も充分可能です。

そして仕事だけに意識を向けずに、プライベートを重視した、今までとは違う価値観の生き方を選ぶことができるのです。

40代は子供もそれなりに成長している時期でもあり、その成長を見守る時期でもあります。

仕事だけに時間を取られないように家族と過ごす時間を重視して、さまざまな思い出作りをすることもまた一つの生き方です。

仕事を続けて安定した収入を得ることはとても大切なことです。

しかし、今まであなたを支えてきてくれた家族との時間を大切にしていくために転職をするのだってとても大切なことなのです。

あなたのため、そしてこれからも一緒の家族の幸せのために、これからの人生をより楽しく過ごす方法とは何か、これを機に家族で話し合ってみるのもいいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です