早期退職の心構え

早期退職 その後はどうなるか?

Amazon売れ筋ランキング 個人ファイナンス1位獲得!

早期退職 その後

早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。

早期退職の対象者となってアナタに具体的な早期退職条件が公示され、納得したうえで応募したとしても...

早期退職というのはそれで終わりというワケではありません。

早期退職の応募期間は短いのに、そこから意外と長く感じる

実際に早期退職が公示されてから応募するまで、そして応募期間終了まではものすご~く短く感じます。

40歳を超えてからの1年と一緒でとにかく早い。

これは早期退職を決心するまで悩みに悩みぬくことや、家族の説得などのかかる時間などもあるからだと思うのですが、とにかく早いです。

でも早期退職応募期間が終了すると、けっこうゆっくりとした時間に感じるトキがあります。

それは早期退職が承認されるまでの期間です。

早期退職に応募したからといって、応募者全員が早期退職できるワケではありません。企業側で拒否されることもあるのです。

例えば私の在籍していた会社では、うつ病などで長期療養していた社員が応募しても却下されていました。

また他社情報ではありますが、

[normal_box2 color=”pink” border=”b2″]
[imglist icon=”check1″ color=”red”]

  • 遅刻や無断欠勤が多い社員
  • 勤務態度や仕事実績がヨロシクない社員

[/imglist][/normal_box2]
 

などは、早期退職による厚遇は絶対に受けさせないよう却下されたというのを聞いたことがあります。

つまりこのような会社にとって悪すぎる社員は、良い条件では辞めさせないということです。

飼い殺し等で自主退職させたほうが会社はトクするとでも考えているのか、いい思いはさせないという意志の現れなのかはわかりませんが。

ということでアナタが一大決心で早期退職に応募したとしても、まずは会社側に退職OKのジャッジを受けなければならないことがほとんどです。

これはもうまな板の上の鯉状態でして、『辞めさせて下さい』と退職宣言したのに、もしかしたら万が一の場合は認められないという悪夢のような不安な期間を過ごすことになるワケです。

でも普通に勤めていれば大丈夫です。

会社だって業績回復のために一人でも多くの人員整理をしたいのがホンネでですから、普通はすんなり早期退職を認められます。

 

あまりに会社貢献度が大きいと

ただあまりに会社貢献度が大きい優秀な社員が早期退職に応募すると、会社的には大ダメージなわけですから極秘に慰留工作を受けることがあります。

『君に辞められて会社は困る!』と説得されるパターンです。

私の在籍していた会社でも、まず最初に早期退職の説明を一通りしたあとに今の気持ちを個別に個室でヒアリングされる作戦がありました。

このとき私は早期退職応募の気持ちをさりげなく表示したら、さっそく以前お世話になった上司から連絡が来ました。

[attention2 color=”red”]『北海道に戻してやることを内々に約束するから、今回は(早期退職に)応募しちゃイカン!』[/attention2]

とかって、かなり違法的なコトをこっそり言ってきたりして...。

私より4つ年下の早期退職に応募した部下にも同じような慰留連絡が来ていたようですし、このような説得工作は意外とあるようです。

でもそこで気持ちが良くなって『オレは会社に必要とされている人材だっ!』なんて舞い上がるとアウト。

結局都合よく利用される社員でしかナイ、優秀な社畜に逆戻りってコトです。

 

早期退職が認められた後は

そんなこんなで早期退職が会社に認められると一転忙しくなり、さっそく現状業務の引き継ぎになります。

会社的にはこれが最優先で、引き継ぎにはかなりの時間をかけるよう、後任者に負担のかからないよう、完全な引き継ぎをするよう要求されます。

私の在籍していた会社の場合は、引き継ぎを円滑にするという約束条件みたいな書面を早期退職応募時に署名押印して提出させられましたし。

なのでこの引き継ぎがスムーズにできないと、がっつり残っている有給休暇を全く消化できないことになります。

そして多くの場合は最後に有給休暇を使えずに流しちゃうことになるようです。

もちろん有給休暇買取りなどはありません。

でもその期間は早期退職する日までの辛抱とも言えますから、最後の御奉公といった気持ちで前向きに対処できますから大丈夫です。

そして晴れて早期退職Xデーを迎えることになります。

その後は基本的に失業保険の受給手続きや社会保険関係の手続きなどの諸手続きに追われることとなり、またまたけっこう忙しい時間を過ごすことになります。

そうですね~、私の場合ですと本当にゆっくりできたなあと感じられたのは、

[finger2 color=”orange”]早期退職をして自宅に戻り、地元で失業保険の受給手続きが終了したとき[/finger2]
 
でしたね。

 

=========================================

光騎写真

光騎です。
記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
今後も価値のある情報を
どんどん提供していきますので、
ご愛読のほどどうぞよろしくお願いします。

【お知らせ】
ワタクシ光騎は当ブログ限定で無料メルマガを発行しています。
普通のサラリーマンだった私が47歳で早期退職し、
紆余曲折を経て50歳で月収150万円を達成した
具体的なノウハウ、知識などをメルマガ限定でお伝えしています。

またブログではお伝えできないヤバイ裏情報も
完全暴露しちゃってたりします。

なおメルマガに登録していただいた方には
2つのオリジナル特典をプレゼントしています。

他にも有料級の内容は
メルマガ限定で配信していますので
ぜひ登録をしてお読みください。

メルマガ登録はこちらから

光騎メルマガ登録ページへ

50歳で月収150万以上を稼ぎ出し『ひっそりユルユルと毎日』を過ごす方法
★期間限定で公開中★