【早期退職経験談】50歳前に早期退職するデメリットについて考えてみた


早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。

あなたは早期退職をしたいと本気で思っていますか?

私は47歳のときに勤めていた会社で予想だにしていなかった早期退職募集が行われ、ほぼほぼ勢いでその流れに乗り、早期退職してしまいました。

本当に「夢」と「勢い」だけで決断しましたからねー、ある意味妻に感謝しています。

※ちなみにその時の私の妻の心情については、こちらの記事で書いています。


 
ということで私は50歳前に早期退職してしまいましたが、それから決して順風満帆だったワケではありません。

そんな50歳前に早期退職をして実際に感じたデメリット、いわば教訓をここではまとめたいと思います。

スポンサードリンク

50歳前に早期退職するために考えておかないといけないこと

50歳前に早期退職したいのなら、考えておかないといけない事がいくつかあります。

まず昨今の男性の平均的な寿命をザックリ90歳だとすると、50歳前に早期退職をすると少なくともあと40年生きることになります。

ですから問題は、

「早期退職後の40年間何をするか?」

と言う事です。

明確な事業プランがあって、夢実現に取り組むために早期退職するならそれも良いでしょう。

ただし50歳前に早期退職し退職割増金をもらっても、退職金を元手に事業を興し失敗すると元も子もありません。

退職割増金を失うどころか、下手をすれば借金を背負うことになってしまいます。

つまり50歳前に早期退職してから起業する場合は、慎重のうえにも慎重を期し事業を始めなければなりません。

私と同じ会社で働いていて同時期に早期退職した同僚たちは、それぞれ

  • 念願だった居酒屋を開業
  • 地元でコンビニフランチャイズ開業
  • 地元でリフォームショップ起業

 
といった道を選んでいます。

そして私もまた、再就職をせずに自営業の道を選びました。

50歳前に早期退職をすると、やはり人それぞれの人生を歩むことになります。

ですが、これはすべて自己責任で生きることにほかなりません。

 

50歳前に早期退職をして前職の関連業務で独立する場合

例えば前職の関連業務で独立した場合は、以前関係のあった会社から仕事を回してもらうにしても、以前のような関係にはならず殆どが下請けの立場になります。

その意味では収益は予想していたものよりかなり下がりますし、受注関係を維持するための活動も増えます。

また独立開業の場合は、本来の営業業務だけでなく、付随した会計業務や法律関係の業務も自分で行わなければならず、業務量は大幅に増えます。

つまり全く新しい仕事を始めるというのは、かなり大変だと言っても良いでしょう。

失敗すると挽回の余地がないからです。

また小さくても立派な起業家であり経営者ですから、事業を円滑に運営していくためには適切なアドバイザーに指導してもらうことも必要になるでしょう。

ですから事業にかかるお金や経費は、売上に関係なく出費がかさみます。

こう考えると、明確なプランなく50歳前に早期退職することは、いわば問題を先送りしているだけなのです。

 

50歳前に早期退職したいのなら|その1.時間について考える

まずはたっぷりある時間をどうするか。

「50歳前に早期退職をしてから40年間何をするか?」

ザックリでも良いので大目標を立てるなどの事前計画が必要です。

50歳前に早期退職をしても明確に取り組みたいものがない場合、その余裕時間は現役で働いていた時に考えていたような自由な時間ではなく、何もすることが無い苦痛の時間になります。

ゴルフ三昧も実際にやってみると一カ月ほどで飽きますし、案外やりたいと思っていたことが義務のように思えてきます。

時間がありすぎるというのも、想像しなかったデメリットになるのです。

 

50歳前に早期退職したいのなら|その2.資金について考える

2番目の問題は、40年間に必要となる資金です。

あなたの生活費がどのくらいか計算し、40年分の資金が確保されているのか確認する必要があります。

まず頼りにしたいのは年金ですが、50歳前に早期退職すると今ですと年金は65歳以上で年間200万円以下になるでしょう。

これでも多めの見積もりです。

団塊の世代は「定年退職後の生活資金は1億円必要」とも言われましたが、その当時は年金が約半分を占めると言われていたので5000万円くらいの資金があればそれなりの生活ができるとされていました。

ですが今の50歳なら、かなりの資金をためておかなきゃならない必要があります。

一般的には50歳代は子供の手が離れ始め、教育費がかからなくなる世代です。

この時に収入を貯蓄に回し、退職後に備えるというのが望ましい行動です。

そんな人生で一番貯金をできる時期である50歳前に早期退職をすると、定期収入が一時的にストップしますから、老後の生活資金を確保できないという現実も出てきます。

安定的に50歳からお金を貯めるつもりでいたのなら、50歳前に早期退職することはデメリットになるでしょう。

 

50歳前に早期退職したいのなら|その3.社会との関わりについて考える

3番目の問題は、社会との関わりです。

仕事についている時は否が応でも人間関係が発生し孤立する事はなかったのですが、50歳前に早期退職をして仕事につかない場合は、仕事関係で得た人間関係は殆んど消滅します。

多くのサラリーマンは地域に目指して人間関係を持っていない事が多いので、イチから地域で人間関係を構築しなければなりません。

一方で昼間時間がある人は退職者が多く、年齢は高く趣味もそれほど活動的ではありません。

そのような人達と人間関係を作っていくのは、サラリーマンの時より苦労が多いでしょう。

以上のことを考えても、50歳前に早期退職する人生というのはバラ色の憧れ人生ということはなく、デメリットも案外大きいので実際に実行する前には慎重に検討する必要があります。

 

50歳前に早期退職するデメリットまとめ

【まとめ】

  • 50歳前に早期退職する場合はデメリットもある
  • 50歳前に早期退職して独立起業はリスクを覚悟する必要がある
  • 50歳前に早期退職したいのなら「時間」「お金」「人付き合い」のことを考えておくべき


 
と説教臭いことを書いてみましたが、私はそんなに偉い人ではありません。

現に47歳で衝動的に早期退職してしまった人ですから、「50歳前に早期退職するデメリット」なんて言える筋もないでしょう。

でもですね、人生って考え込んでばかりいてもダメだと思うんです。

直感で生きるというか、エイヤッ!って選択することも必要だと思いますし、意外とソレでも失敗しないものなんですよね、人生って。

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
ひっそりユルユルと自由に生きる人生を選びました
早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法管理人イラストスペインバルセロナの道バルにて地ビールちう

■早期タイ職マスター(自称)

当サイト運営者の加藤光騎です。 早期退職は「退く」にあらず! 夢を叶えるはじめの一歩です。 私は2012年10月、47歳のときに早期退職をし、ひっそりユルユルと自由に生きる道を選びました。 そして生まれ育った北海道に戻り、その後は再就職をせずにパソコン1台でインターネット自営業の道を歩み、2015年12月に50歳で起業し夢を一つ実現しました。

⇒光騎の歩み、詳細はこちら
早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法メルマガ登録
ポチッとお気持ちお願いします!
質問・相談いつでもどうぞ

お問い合せフォームへ

※私からの返信は基本的に24時間以内にいたしております(休日除く)。返信が届かない場合は「迷惑メール」に入っているかもしれませんので、一度ご確認くださいね。

記事カテゴリ
よく読まれている記事
カテゴリー一覧
詳細一覧

ページの先頭へ