【早期退職】退職理由は「会社都合」かどうかで決める!

早期退職の退職理由が運命の分かれ道

早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。

もしあなたが早期退職を迷っているのなら、早期退職するしないを決める退職理由をココでお伝えしますので、1つの判断材料にしてください。

早期退職の退職理由が「会社都合」かどうかということです。

スポンサードリンク

早期退職するしないの判断はズバリ『会社都合』かどうか

会社を辞めることが決まると、会社側は退職日の翌日から10日以内に管轄のハローワークに対して「雇用保険被保険者資格喪失届」を提出することになっています。

そしてハローワークはこの届け出を受理すると、退職した人に対し「離職票」を発行します。

一般的に離職票は退職した会社から受け取ることが多いです。

この離職票には『退職理由』というのが記載されています。

この退職理由が早期退職を有利にできるかどうかの最大のポイントだと私は思っています。

というのもこの

退職理由しだいで、失業保険給付の受給開始時期と支給される日数の限度が違う

からです。

 

退職理由には「自己都合」と「会社都合」がある

退職理由には自分の都合で会社を辞めたり懲戒解雇された場合の「自己都合」退職と、会社の倒産・解雇などによる退職・定年退職といった「会社都合」となる2つがあります。

この2つ、似ているようで全然違っています。

そして会社都合で退職するほうが辞める側にとっては大変有利なのです。

自己都合退職したときの待遇と失業保険の給付基準が全く違います。

これはハローワーク側が、あなたの退職理由が

  • 再就職に対して事前に準備ができる状態の退職だったか ⇒ 自己都合退職
  • 倒産やリストラなど再就職の準備ができない突然の退職だったか ⇒ 会社都合退職

 
というふうに仕分けして、突然の退職だった場合に限り優遇措置を設けてくれているからです。

働いていた側が会社側の事由により予期せず退職することになった...そのように会社が悪くて労働者側に罪がないのなら、国が失業保険で手厚く保護して再就職出来るまで支援しましょう!というものです。

ですから退職理由が「自己都合」となるか「会社都合」となるかで判断は全く変わってきます。

もしあなたが早期退職をしようと思っているのなら、

「会社都合」が認められる早期退職ならGOサイン、「自己都合」なら再考すべき

 
だと私は経験者としてアドバイスさせてもらいます。

ちなみに会社側は自らの責任を認めたくないので「会社都合」としないように働きかけてくることがあります。

つまり「会社都合」と認めるのは、会社側にとっても好ましくない認めたくないコトなのです。

でも早期退職を決心するんだったら、何が何でも「会社都合」を勝ち取るべきです。

 

「自己都合」の早期退職はこんなに不利

また早期退職するときに「自己都合」で退職してしまうと

  • 失業保険給付金の支給開始が受給資格決定日から3ヶ月後まで放置される
  • 勤続20年以上でも給付日数が150日しかつかない

 
というダブルパンチをおみまいされることになります。

ちなみに「会社都合」の場合は受給資格決定日から7日後に給付金がもらえますし、45歳以上60歳未満で勤続20年以上なら330日分給付されます

全然違うんです、待遇が...

なので早期退職後の生活のことを考えたら、絶対に「会社都合」でなきゃダメです。

 

会社都合かどうかはシッカリ確認しよう

あなたの会社が早期退職を募集するのにはそれなりの理由があります。

それは早期退職を促したい理由、つまり人員削減をして固定経費を減らし、人件費分の赤字を少なくしょうというのがほとんどです。

ですが働く側にも毎日の生活があるのですから、安易に退職割増金が多くなったからといって早期退職に飛びついてはいけません。

割増金も確かに重要ですが、

絶対に「会社都合」で早期退職すること

 
が大変重要ですし、それがあなたの退職後の生活を当面の間支えてくれる重要な役割を果たしてくれます。

早期退職するなら何が何でも「会社都合」だと覚えておいてください。
 

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
ひっそりユルユルと自由に生きる人生を選びました
早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法管理人イラストスペインバルセロナの道バルにて地ビールちう

■早期タイ職マスター(自称)

当サイト運営者の加藤光騎です。 早期退職は「退く」にあらず! 夢を叶えるはじめの一歩です。 私は2012年10月、47歳のときに早期退職をし、ひっそりユルユルと自由に生きる道を選びました。 そして生まれ育った北海道に戻り、その後は再就職をせずにパソコン1台でインターネット自営業の道を歩み、2015年12月に50歳で起業し夢を一つ実現しました。

⇒光騎の歩み、詳細はこちら
早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法メルマガ登録
ポチッとお気持ちお願いします!
質問・相談いつでもどうぞ

お問い合せフォームへ

※私からの返信は基本的に24時間以内にいたしております(休日除く)。返信が届かない場合は「迷惑メール」に入っているかもしれませんので、一度ご確認くださいね。

記事カテゴリ
よく読まれている記事
カテゴリー一覧
詳細一覧

ページの先頭へ