防災グッズを最低限揃えた!<停電体験談>北海道胆振東部地震に学んだこと


こんにちは、早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。

2018年9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震。

この地震で北海道全域が停電するというブラックアウトを体験した私は、「普段から電気にめっちゃ依存した生活・仕事をしていた」ということを痛感させられました。

今の生活から「電気」がなくなると、生活や仕事がこんなに不便になるものかと。

いやぁ~ホント全然違いますね、停電生活って。

[chat face=”coki001.jpg” name=”こうき” align=”left” border=”green” bg=”green” style=”maru”]まぁ~とにかく超不便というか、生活・仕事が全く成立しませんでした。[/chat]

そこでここでは、私の体験した「北海道胆振東部地震」から学んで揃えた、停電災害に最低限必要な防災グッズについて、体験談を交えてまとめています。

ちなみに北海道胆振東部地震当日からの被災体験談は、こちらの記事に書いています。

防災グッズはどこで買える?北海道胆振東部地震被災体験まとめ

[box04 title=”この記事はこんな方におすすめ!”]
  • 停電のときに最低限必要な防災グッズについて知りたい方
  • 災害防災グッズで最低限揃えておいたほうが良いモノを知りたい方
  • 北海道胆振東部地震の被災体験談を知りたい方
[/box04]

最低限揃えた防災グッズ|1.停電時自動点灯 防災LEDライト

北海道胆振東部地震が発生時間は、深夜というか早朝AM3時8分ですから、あたりは真っ暗。

寝室で寝ていたときに突然建物が大きく揺れだし、その時点から即停電となりましたので、周りに明るいものが一切ナイ状態でした。

ですからまずはスマホを充電している部屋まで手探りで行って、スマホ画面の明かりを頼りに、ようやく懐中電灯などを置いてある納戸に行くことができました。

このときに必要だと感じたのが、

  • 「停電時に自動点灯する防災LEDライト」が寝室にあること

寝室の枕元に懐中電灯を配置しておくだけでも良いのですが、生活シーンで邪魔にならない便利なモノを検索比較しながら探してみますと、「コンセント充電式常備灯」で良さげのがあったので、さっそく購入。

▲普段は壁のコンセントにさしておけば、地震や停電時には自動的に10分間点灯してくれるスグレモノです。

▲なおかつコンセントから外せば懐中電灯として6時間携帯できるのが良いと思い購入しました。

この「コンセント充電式常備灯」が寝室にあれば、地震でも部屋が真っ暗にはならないので、とりあえずは便利であろうと思った次第です。

また同様の対策として、スマホにも「懐中電灯アプリ」と「ラジオアプリ」を入れておくことは必須です。

防災グッズはどこで買える?北海道胆振東部地震被災体験まとめ

最低限揃えた防災グッズ|2.乾電池とカセットガスコンロとカートリッジガス

これらはもう言うまでもありません。

上の記事「防災グッズはどこで買える?北海道胆振東部地震被災体験まとめ」に書いてあるとおり、停電被災当日に最初に購入したかった

  1. 乾電池(単1、単2、単3、単4)
  2. 湯沸かしや料理煮炊き用のカセットガスコンロ
  3. カートリッジのガスボンベ

などを追加購入し、最低限の防災グッズとして充当しておきました。

実際に停電被災初日の夜は、停電で機能しなくなった冷蔵庫・冷凍庫に入れてあるお肉などの食材を、「悪くなる前にとっとと食べちゃいましょ!」ということで、夫婦で「すき焼き鍋」をしたのですが、このときにカセットガスコンロは重宝しました。

なので2台目のカセットガスコンロを購入。

またカセットガスコンロがあればお湯を沸かせるので、停電中でもカップラーメンなどを食べられるのも便利でしたし。

ですが、そんな停電夜の『すき焼き鍋』では、ちょっとだけ不便な思いもしたんです。

最低限揃えた防災グッズ|3.鍋の中をスポット的に照らすLEDライト

▲我が家に最初にあった防災グッズのLEDランタン

単2電池4本で働くLEDライトです。

まあコレはコレで役に立ったのですが、やっぱりこの1つだけだと物足りなかった。

特にカセットガスコンロの上に「すき焼き鍋」を乗せて食事をするときに「鍋の中が暗くて良く見えない」という状況が発生しました。

お肉や他の食材が煮えてるかどうか、LEDランタンだと光度が不足していてパッと見でワカラナイという。

そこで今回最低限の防災グッズとして追加購入したのが、「自立しながら高い所からスタンドライトのように使えるLEDランタン」です。

▲LEDライトで手持ちもできるし、置いてスタンドライトのようにも使えます

▲この次の停電中のすき焼き時に、こんな感じで使おうと思って購入しました

▲単3電池なのに結構な光度があるのでイケるかと

この「エナジャイザーLED ランタン折りたたみ式」も、我が家に最低限の防災グッズとして新たに加入です。

【悲報】15年前にキャンプ道具で購入したコールマンランタンが使えなかった

今回の北海道胆振東部地震で発生した停電被災で一番残念だったのは、

  • 15年前にキャンプ道具で購入していたたコールマンのホワイトガソリン2マントルランタンが使えなかった

停電の夜に満を持して登場させたコールマンランタンでしたが、ホワイトガソリンを注入してポンピングをしても、ガスがうまく圧縮できない状態になっていて全く使えませんでした。

まあここ10年くらいキャンプに行かず、このコールマンランタンも全然使っていなかったんですよね。

ですからコンディションを全く把握できていませんでした。

全くもって残念!

ということで、地震発生後にコールマンランタンを近くのホーマックに持っていき、修理依頼。

ですが私と同様に今回の北海道胆振東部地震でランタンを使えなかった人が多かったらしく、修理依頼が激増しているとのこと。

係の方曰く「コールマンのランタン修理は依頼依頼殺到中で最低でも2ヶ月くらいかかりそうな勢い」らしいので、万が一に備えて最低年に1回くらいは燃焼チェックをしておくべきだと反省しました。

ちなみに、修理費用はポンピング部分のパーツ交換と燃料パイプの詰まり掃除で「6000円くらい」、地震から1ヶ月近く経ちますが未だに私の手元には帰ってきていません。

最低限揃えた防災グッズ|4.自家発電できるランタンラジオ


このラジオは北海道胆振東部地震の停電した日に、近所のホーマックで長蛇の列に並びようやく2980円で購入した電池式ラジオ。

普段ならこんな色のこんなカタチのラジオなんて絶対購入しませんが、イザ必要なときにナイと、どんなデザインだろうと多少高くでも買ってしまうものです。

いわゆる「エスキモーに氷を売る技術」を体感しました。

そこで今回は更に「乾電池がなくなっても自家発電できるランタンラジオ」も最低限の防災グッズとして購入しておくことにしました。

ソーラーパネル充電機も購入しようか迷ったんですが、こんなのもあればとりあえずは便利に使えそうですし、手回し充電でスマホにもチャージできるというので買ってみた次第です。

最低限揃えた防災グッズ|5.灯油ストーブと灯油と収納箱

あとは北海道冬対策として、AC電源不要の電池だけで動く灯油ストーブ。

灯油ストーブで停電対策!電気不要・電池式の最安値をネット購入してみた

この灯油ストーブを購入したんですが、いざ到着して梱包をバラすると困ったことに。

  • けっこうストーブが大きく、なおかつ既に灯油くさい

メーカーで商品発送前に燃焼テストでもしているのか、ストーブを梱包ダンボールから出した時に既に灯油臭かったんです。

購入当初は、とりあえず押入れにしまっておこうと思ったんですが、灯油臭いとさすがにヤバいと。

しかも意外と大きかったということもあり、別の収納方法としてベランダに収納物置を置くことにしました。

▲こんな感じでアイリスオーヤマから届きまして

▲ベランダに持ち出して外で組み立て

▲けっこうシッカリした収納物置

▲灯油ストーブもジャストフィット

▲修理で戻ってきたコールマンも入れておけますし、
あとは灯油を買って備蓄すれば冬でも準備万端!

最低限揃えた防災グッズ|6.断水対策の水タンクと簡易トイレ

私の住むマンションは、幸いにも水道は使えたので、飲水やトイレなどに困ることはありませんでした。

ですがもし断水になっていたらと考えると、とても憂鬱。

マンションの6階に住んでいるので、エレベーターが使えない時の生活水の確保は大変なんですよね。

ですからまずは、飲水用の折りたたみ式ビニールタンクを念の為購入。

そしてまさかのトイレ断水のときに対応できるように、簡易トイレで非常に評判の良いモノを購入しました。

汚物のニオイが漏れないらしく、口コミ評価が一番高かったので念の為購入し、トイレの棚の奥に入れておきました。

防災グッズを最低限揃えた!<停電体験談>北海道胆振東部地震に学んだことまとめ

今回の北海道胆振東部地震の停電災害で学んだことは、

  • いかに電気に依存した生活を過ごしていたか

という反省と、深夜でも対応できる停電災害の防災グッズを最低限準備しておくことの重要性です。

とりあえず本格的な冬になる前に、私はなんとか最低限の停電災害防災グッズを準備できました。

そんな私の停電体験談が、あなたの防災グッズ準備のお役に立てれば幸いです。

[box04 title=”この記事の要点まとめ”]
  • 夜の停電災害に備えた最低限の防災グッズを準備しておこう
  • 停電災害防災グッズとして最低限カートリッジガスコンロとその周辺グッズがあればとても役に断つ
  • 断水による飲料水と生活水の確保方法も最低限の防災グッズとして準備しておこう
[/box04] [chat face=”coki001.jpg” name=”こうき” align=”left” border=”green” bg=”green” style=”maru”]このように最低限の防災グッズを揃えたワケですが、今の北海道はほぼほぼ今までどおりになっています。
ですが北海道の観光業は風評被害で大きなダメージを受けています。
あなたも「北海道ふっこう割」を使った北海道旅行などで、北海道を元気にするお手伝いをしていただければ幸いです

>北海道旅行で復興支援を!もう普通に観光もグルメも楽しめますよ![/chat]

【私の早期退職経験をまとめた本はコチラ】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です