早期退職の心構え

50代転職の現実と給料、50代で早期退職をしても再就職は可能か?

早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。

こうき
こうき
50代での転職・再就職というのは、ヘッドハンティングでもされない限り普通に考えたら失敗することが多いと思いがちです。
ですが私のように50代を目前にした早期退職に応募して、第二の人生をあらためてスタートすることだってできますから、決して悲観することはナイと思うのです。
この記事はこんな方におすすめ!
  • 50代で転職しようと考えておられる方
  • 50代の転職事情をチェックしている方
  • 50代でも転職を成功させたい方


スポンサードリンク



50代で自らを振り返るキッカケとは

こうき
こうき
若い頃から働き続け、ふと気がつけば50代に年齢が突入していたという方も多いかと思います。

50年間のうちの半生以上を特に疑問を持たずに家族に生活のためだったり、仕事に生きがいを感じ一生懸命に会社に尽くしてきたという方もたくさんいるでしょう。

ですが50代近くになると、

  • 「このまま定年まで働きつづけて私は幸せなのか?」

と今までの会社人生に疑問を抱くようになるタイミングがあります。

それは長年勤めてきた会社で、さまざまなことが起きたときです。

こうき
こうき
私のように突然の早期退職募集開始もそうですし、リストラの断行などもあるでしょうし、同僚の突然死などを経験することなどもこれに該当します。

50代までのサラリーマン人生

  1.  職場での人間関係
  2.  取引先などとのつながり
  3.  仕事での成功や失敗など

今までは当たり前のように会社でさまざまなことが起き、その都度解決し職場の仲間と共に乗り越えてきたことでしょう。

ですが50代になると役職としてはそれなりの地位についていたり、また仕事に関しても慣れているため刺激を感じなくなってしまうことが多いのです。

一方でさまざまな人間関係を見すぎてしまい、職場への不満などが鬱積してしまっていることもあります。

その他に仕事内容がハードすぎて、50代の自分には体力的にきつくなってきたという方もいるかもしれません。

そんな定年まで働くのはちょっと抵抗があると感じてきた方には、早期退職という選択肢もあります。

早期退職は通常の定年前に早期に退職してしまうわけですから、定年まで勤めあげる場合よりは年金は少なくなってしまいます。

ですが今までの仕事人生から一旦開放されるので、自分を見つめなおす時間ができます。

こうき
こうき
あなたの人生をもう一度今からやり直すことだって可能なのです。

このように早期退職を選択する場合、退職割増金があったり貯蓄などをある程度している場合にはそれほど問題はありませんが、そうでない場合は生活がそれなりに苦しくなる方もいるでしょう。

そんなときは、50代での転職や再就職を現実的に考える必要があります。

50代の転職・再就職の現実

50代での転職や再就職となると、果たして転職自体が成功するのか?と疑問に思うことでしょう。

あるいは50代でも転職や再就職ができるのかどうか不安なので、とてもじゃないけど踏み切れないと思っている方もいるかもしれません。

たしかに近年は高齢者の就職自体が困難な状況にあります。

ですがどのような環境にあっても、就職をする道がすべて閉ざされているわけではありません。

50代での転職や再就職が難しい状況であっても、成功する方だって少なからずいることも忘れてはなりません。

こうき
こうき
50代は確かに年齢を考慮するとかなり厳しいといえますが、それでも転職や再就職や成功がまったくできないということはないのです。

50代転職・再就職は給料を期待すべき?

50代ならば今までつちかってきた仕事の経験や、また仕事で資格などを持っている方もいるでしょう。

その資格などが専門性が高ければ、年齢の問題など関係なく再就職できる場合があります。

またそのような専門性のスキルがない場合でも、いくつもの企業に再就職をチャレンジすることで可能性がでてくる場合もあるでしょう。

こうき
こうき
50代転職・再就職は基本的には諦めないことが重要なポイントです。

最初から自分には無理だと思わずに、行動を起こしてみること。

ですが給料などの収入面では、良くて現状維持、一般的には3割減が当たり前と考えてチャレンジしましょう。

ここで考えてもらいたいことは、

・50代で転職・再就職を決意した理由は、給料や収入が主要因ではなかったハズ

ということです。

それなのに現実的に50代転職・再就職を考えはじめると、真っ先にお金のことを気にしてしまうようになるのです。

さまざまな理由があって50代で転職・再就職・早期退職を決意することは、悪いことではありません。

不満やその他の理由がありながらそれでも無理に会社に残っていても、ストレスなどが溜まり、引き際を見誤ると体調不良や職場での人間関係のトラブルになることもあるからです。

ストレスを抱えすぎるとうつ病などにもなりかねません。

この記事の要点まとめ
  • 近年は高齢者の就職自体が困難な状況にあるのは事実
  • 50代転職・再就職は基本的には諦めないことが重要
  • 自分でしっかりとした理由がある場合には、50代であろうと転職・再就職・早期退職を決意すべき
こうき
こうき
自分でしっかりとした理由がある場合には、50代であろうと転職・再就職・早期退職を決意して、新たな出発をすることを考えることも大切だと思います。
あわせて読みたい
サラリーマンの副業にオススメ!副業フリーランスとして働く人が増加中 早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。 いま時代は確実に変化しつづけていますから、あなたも知識として意識だけは...

=========================================

光騎写真

光騎です。
記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
今後も価値のある情報を
どんどん提供していきますので、
ご愛読のほどどうぞよろしくお願いします。

【お知らせ】
ワタクシ光騎は当ブログ限定で無料メルマガを発行しています。
普通のサラリーマンだった私が47歳で早期退職し、
紆余曲折を経て50歳で月収150万円を達成した
具体的なノウハウ、知識などをメルマガ限定でお伝えしています。

またブログではお伝えできないヤバイ裏情報も
完全暴露しちゃってたりします。

なおメルマガに登録していただいた方には
2つのオリジナル特典をプレゼントしています。

他にも有料級の内容は
メルマガ限定で配信していますので
ぜひ登録をしてお読みください。

メルマガ登録はこちらから

光騎メルマガ登録ページへ

50歳で月収150万以上を稼ぎ出し『ひっそりユルユルと毎日』を過ごす方法
★期間限定で公開中★