55歳で早期退職する際の必要資金は?

55歳で早期退職
まだまだ働き盛りの50代、なのに会社生活に見切りをつけて早期退職を選択する人が増えてきているようですね。

55歳で早期退職すると

近年は60歳での定年退職を前に早期退職のかたちで会社員を辞める(または辞めざるを得ない)サラリーマンが増えているようです。

その理由は会社でリストラが断行され早期退職対象者になったり、親の介護で仕事との両立が困難になるなどが挙げられます。

例えば55歳で早期退職をした場合、それ以降に再就職するのは狭き門と思われます。

通常だと定年まであと5年のいわば「上がり社員」ですから、新たに会社員として採用試験に応募しようにも年齢を理由に断られる可能性が高くなります。

よって55歳で早期退職を選択するのならば、

しばらくは加算退職金と手持ちの資金で当面は生計を立てて行くことになる

ことを覚悟しておいたほうがよいです。

この記事では退職金を除いた55歳で早期退職した場合の必要資金について考えてみます。

国民健康保険は毎月5~6万円程度必要

退職して会社に属さない身分になる場合、またはパートやアルバイトで働くことになる場合は、国民健康保険に加入することになり多額の国民健康保険料の負担が強いられます。

保険料はお住まいの自治体で異なります。

また会社の組合等による人間ドック費用の補助などもなくなるため、退職前と同様の間隔と内容で受診したい場合はこの分の負担も増えることになります。

住居費も毎月7~12万円程度必要

住宅を購入している場合で住宅ローンの残債がある場合は、ある程度早期退職前に完済の目処を立てておくのが望ましいです。

さらに住宅は固定資産税や修繕費の支払いが続きますから、住まいの築年数などを考慮して、どの程度必要か試算しておきましょう。

賃貸にお住まいの場合は毎月の家賃が必要資金です。

子供の養育費・親の介護費毎月4~6万円程度必要

子供の教育費は50代がピークと言われており、現在は晩婚や高齢出産が珍しくないため、老齢でも養育費が必要になることも珍しくありません。

退職時点で子供が独立していない場合は、教育費や結婚資金が必要です。

またその逆に子供が独立している場合は、孫が産まれた場合の支出も想定しておくのが望ましいです。

またご両親が存命の場合は、親の介護費用を考慮します。

老人ホームのような施設に預けるか自宅で介護するかによって必要額が変わってきます。

もちろん、ご自身がさらに老齢になって介護が必要になった場合の資金も、自分である程度確保しておくのが望ましいです。

毎日の生活費は毎月5~6万円程度必要

上記以外にもあなたとその配偶者の生活費が必要だと思います。

結局、定年退職時より5年早くリタイヤした場合でも、毎月21万円~30万円のお金は必要になってくるのです。

年間だと252万円~360万円。

これが55歳から年金受給可能な年齢まで続くと考えておいたほうが良いでしょう。

現代は60歳で退職した場合でも年金だけで生活をするのは厳しいことが予想されているため、早期から老後資金を貯蓄するのが望ましいです。

年金のことも視野にいれておく

最後にご注意頂きたいのが、

早期退職をすると60歳以降で受け取ることができる年金(特に厚生年金)が減額される

無職になった場合は国民年金保険料を支払いを全額免除を選択することもできますが、それでも受け取り額は減ることになるため、必要資金の算出時にはその点を考慮しておく必要があります。

クレジットカードは早期退職する前につくっておく

退職することで会社員の身分でなくなると、クレジットカードが作れないなどのデメリットが発生します。

資金の備えさえしておけば早期退職後の生活の不安は少なくなりますので、次の人生が楽しくなるようにまずは今の生活から見なおしたほうがいいでしょう。

私へのお問い合せはこちらから!

【スポンサードリンク】

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめて当サイトへ来られた方へ
ようこそ!早期退職は副業から セカンドライフで3つの夢を叶える方法へ!!
セカンドライフで夢実現!soukitaisyokuで3つの夢を叶える方法管理人
初めて当サイトに来られた方は、まずこちらへどうぞ!

⇒こちら
管理人ご挨拶

■早期タイ職マスター(自称)
当サイト運営者の加藤光騎です。早期退職は「退く」にあらず!夢を叶えるはじめの一歩です。私は2012年10月に47歳で自分でもビックリの早期退職をし、単身赴任先の本州から生まれ育った北海道に帰省しました。そして早期退職後は自分の人生を見つめつつ、中年の再就職の厳しい現実を目の当たりにし、八方塞がりの状態からインターネット自営業の道を選びました。時間はかかりましたが、2015年12月苦節3年50歳、遂に地元北海道で起業し夢を一つ実現しました。
⇒管理人プロフィールつづきはこちら
質問・相談いつでもOKです!
お問い合せフォームへ
記事更新をメールでお知らせ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ記事更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

↓ポチっとご声援を!
最近の投稿
よく読まれている記事