複数のテキストファイル文書データをエクセル1シート列に取り込む方法

早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。

ここではツールを使って作成した.txtの文書データ、これをEXCEL2013の1シート内に取り込む方法を色々調べてみたことを備忘録として書きます。

スポンサードリンク

Googleでググっても手順が全然理解できない...

私が行いたかった作業内容は

  • .txtファイル名をExcel2013のbook1のA列に入れる
    (A.txtファイル名⇒sheet1のA1へ、B.txtファイル名⇒sheet1のA2へ...)

  • .txtファイル内容(文章)を上記と同じExcel2013のB列に入れる
    (A.txtファイル文⇒sheet1のB1へ、B.txtファイル名⇒sheet1のB2へ...)


 
という内容だったのです。

ですが頑張ってググってみても、どれも部分的な説明になっていて、私のようなエクセル初心者には難解なモノばかりだったんです。

なので「教えてGoo」にどなたか親切な方がいてくれますように...

とお祈りしつつ質問したみたところ、とても丁寧にご教授いただいたので、備忘録としてココに書き留めて置きたいと思います。

 

【手順その1】.txtが入った任意のフォルダにすること

1..txtが入ったフォルダ内に新たな.txt(例:pass.txt)を作成する。

 
2.作成した.txtに次のコードをコピペする。

<↓コードはこちら>
--------------------------------------------------------------------------
Sub ファイル読込み()
Dim ファイル名 As String
Dim 行 As Long
Dim ファイル番号 As Integer
Sheets("結果データ").Select
Cells.ClearContents
ファイル名 = Dir(ThisWorkbook.Path & "\" & "*.txt")
Do While ファイル名 <> ""
行 = 行 + 1
Cells(行, 1).Value = ファイル名
ファイル名 = Dir()
Loop
For 行 = 1 To Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
ファイル番号 = FreeFile
Open ThisWorkbook.Path & "\" & Cells(行, 1).Value For Input As #ファイル番号
Cells(行, 2).Value = StrConv(InputB(LOF(1), #ファイル番号), vbUnicode)
Close #ファイル番号
Next
End Sub
--------------------------------------------------------------------------
 

【手順その2】データを移したいエクセルシートを作成する

1..txtが入ったフォルダ内に新たなエクセルシート(例:book1.xlsx)を作成・保存する

 
2.エクセルシートを開き、sheet1とは別にシートを作成し、シート名を[結果データ]として保存する

 
3.エクセルシートを開いたままAltキーを押しながら[F11]を押す
 
4.VBEが起動するので、画面の[挿入]メニューの[標準モジュール]をクリック
 
5..txtにコピペしたデータをココにも貼付けし上書き保存

 
6.メッセージが表示されるので「いいえ」を選択

 
7.[ファイルの種類(T)]で[Excelマクロ有効ブック(*.xlsm)]を選択し[保存(S)]する

8.拡張子.xlsmを選択して.txtのあるフォルダに保存(例:book1.xlsm)

[標準モジュール]画面は保存したら閉じてOK

 

【手順その3】作成したbook1.xlsmでの操作

1..txtフォルダ内のbook1.xlsmを開く

 
2.メニューバーの[表示]>[マクロ]>[マクロの表示]を選択

 
そうするとエクセルシートの[結果データ]に.txtのファイルデータが貼付けされます。

ただし.txtの量が多いとメッチャ重たくなりますので、終了サインが出るまではエクセルをイジらないほうが良いです。

途中でイジるとエクセルが固まってしまって、もう一度最初からやり直しになってしまうので、注意してください。

 

エクセルのセル内文章の改行を削除する方法

これは意外と簡単でして

1.改行削除したいセルを選択

2.[ホーム]>[検索と選択]をクリックし、[置換(R)]

3.[検索と置換]が表示されるので、[検索する文字列(N)]に【Ctrlキー + Jキー】を入れる ※ただし【Ctrlキー + Jキー】を入れても文字は何も表示されません。

4.[置換後の文字列(E)]は空欄にし、[すべて置換]を選択

 

てセル内の文章の改行がすべて削除され、つながった文章になります。

ふぅぅー、大変でした。。。

 

早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法メルマガ登録
スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
早期タイ職マスター!加藤光騎
早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法管理人イラストスペインバルセロナの道バルにて地ビールちう

■早期タイ職マスター(自称)

当サイト運営者の加藤光騎です。 早期退職は「退く」にあらず! 夢を叶えるはじめの一歩です。 私は2012年10月、47歳のときに早期退職をし、生まれ育った北海道に帰省しました。 そしてパソコン1台でインターネット自営業の道を歩み、2015年12月に50歳で起業し夢を一つ実現しました。

⇒光騎の歩み、詳細はこちら
ポチッとお気持ちお願いします!
質問・相談いつでもどうぞ

お問い合せフォームへ

※私からの返信は基本的に24時間以内にいたしております(休日除く)。返信が届かない場合は「迷惑メール」に入っているかもしれませんので、一度ご確認くださいね。

記事カテゴリ
よく読まれている記事
早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法メルマガ登録
カテゴリー一覧

ページの先頭へ