早期退職の心構え

疲れた、会社辞めたいと感じた時に注意すべきことまとめ

早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。

ここでは『疲れた…会社をもう辞めたい…』そう思ったトキに取るべき行動について考えてみました。

疲れたから会社を辞めたい…と思ってしまったら

「疲れたから会社辞めたい」と思ったとしても、本当にいきなり会社を辞めてはいけません。

会社を辞めるというのは、けっこう大変なことです。

そもそも会社辞めたいという思いは、あなただけでなく誰しも何回かは抱くものなのです。

ですが、実際に会社をやめるかどうかは、よくよく熟慮する必要があります。

なので仕事で疲れたと感じたら、まずは早めに家族に、そして上司や同僚に相談してみましょう。

このとき、相談する前に何に自分は疲れているのかを明確にしておくといいです。

[imglist icon=”check1″ color=”red”]

  • 会社の人間関係に疲れているのか
  • 体力の衰えなどで仕事そのものに体が耐えられなくなっているのか
  • [/imglist]

    等をしっかり考えて、その上で家族や上司や同僚に相談してみましょう。

    心を許せる人に相談すれば、周囲の人間がいろいろと助けてくれるはずです。

     

    なんとなく会社を辞めたくなったら

    しかし意外と多いのが、明確な理由なく疲労感を感じ会社を辞めたくなるという症状です。

    こういう症状は、もしかしたら「うつ病」の可能性が高いです。

    うつ病は、感情や思考などに障害が起こり、さらに不眠や食欲がないなどの身体症状も引き起こします。

    うつ病になると、訳もなく気分が沈んだり、やる気が起きなくなったり、孤独感を感じたりします。

    また思考力も減退して、考えをまとめられなくなったり、物事に集中できなくなったり、決断力が鈍ったりしてきます。

    うつ病はれっきとした病気です。

    放置しておくと悪化して最悪の場合過労死や自殺に追い込まれたりしますから、なるべく早く医者に行きましょう。

    医者に行って、うつ病の診断を受けたらしめたものだと思うようにしましょう。

    そしてうつ病を理由に、とりあえず一度会社を休んじゃいましょう。

    うつ病になると、基本的に会社での出世はあきらめたほうが良いです。

    だからといって無理を続けて働き続けているのは一番ダメなパターンです。

    というよりも、そもそもその会社での仕事があなたを鬱にしているのですから、

    『そのまま仕事を続けていてはダメ!』

    というカラダからの警告サインでもあるのです、その症状は。

    なので、まずは会社を休んで気持ちを開放して楽になってみましょう。

     

    うつ病の原因が会社の業務に起因していると感じたら

    もし、そのうつ病の原因が会社の業務に関係があるならば、労災保険の休業補償を請求できます。

    例えば、凄まじい残業のせいでうつ病になったということであれば、それは病気と業務とが因果関係ありということで労災で補償してもらえます。

    しかし労災保険でカバーする労働災害の発生という事態は、会社側としてはあまり歓迎しないので、労災申請は止めておいてくれと圧力をかけてくるかもしれません。

    そいういう企業ははっきり言ってブラック企業といって差しつかえないでしょう。

    弁護士を雇うなりして徹底的に抗戦しても良いと思います。

    泣き寝入りして諦めて辞めてしまうと損です。

    これから後に働く人たちのためにも、正当にあなたの意見を主張し、取れるものは取ってから退社した方がいいでしょう。

    お金だけでなく、権利として会社都合による退職を認めてもらうといった有利になる方法も取れることがありますから、弁護士に相談してみると良いです。

     

    うつ病になる前に休むのが本当は良いのです

    とにかくうつ病になったら仕事を休むことが大切です。

    やる気が出ないのは自分に根性がないからだなどと考えて、無理して仕事に精を出すのは逆効果です。

    ますますうつ病がひどくなります。

    うつ病の時は、何もせずによく寝るのが一番です。

    そして温泉などに旅行に行くものいいです。

    とにかくゆっくりすることです。

    なるべくなら会社は辞めない方がいいですが、どうしても会社を辞めたい場合は、会社の退職に関する規定をよく読みましょう。

    そしてその手続きに沿って辞めるようにしましょう。

    いきなり電話1本で退社するとか、無断欠勤してそのまま行方不明になるというようなやり方はダメです。

    そうすると残された社員にものすごく迷惑がかかりますので。

    会社を辞める際は、その旨を報告してから辞めるまで会社で肩身の狭い想いをしますが、ちゃんと手続きをふんで退職するのは大人として守らなければいけない最低限のマナーでもあります。

     
    [normal_box color=”orange” border=”b3″]【まとめ】
    [imglist icon=”dot1″ color=”red”]

  • 会社を辞めるというのは、けっこう大変なこと
  • 「うつ病」になったらそのまま仕事を続けていてはダメ!
  • ちゃんと手続きをふんで退職するのは大人として守らなければいけない最低限のマナー
  • [/imglist]
    [/normal_box]

     
    【追伸】
    「中高年が副業で毎月3万円をパソコン1つで稼ぐ方法」を公開しています。

    ↓ ↓ ↓

    =========================================

    光騎写真

    光騎です。
    記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
    今後も価値のある情報を
    どんどん提供していきますので、
    ご愛読のほどどうぞよろしくお願いします。

    【お知らせ】
    ワタクシ光騎は当ブログ限定で無料メルマガを発行しています。
    普通のサラリーマンだった私が47歳で早期退職し、
    紆余曲折を経て50歳で月収150万円を達成した
    具体的なノウハウ、知識などをメルマガ限定でお伝えしています。

    またブログではお伝えできないヤバイ裏情報も
    完全暴露しちゃってたりします。

    なおメルマガに登録していただいた方には
    2つのオリジナル特典をプレゼントしています。

    他にも有料級の内容は
    メルマガ限定で配信していますので
    ぜひ登録をしてお読みください。

    メルマガ登録はこちらから

    光騎メルマガ登録ページへ

    50歳で月収150万以上を稼ぎ出し『ひっそりユルユルと毎日』を過ごす方法
    ★期間限定で公開中★