シャープニュース|リストラで7000人、しかも指名解雇??

シャープ買収ホンハイに社員はどうする

早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。

経営再建中のシャープSHARP。台湾企業鴻海の参加に入ってからのほうがよりシビアな事態に進んでいるように感じるのは私だけでしょうか?

スポンサードリンク

1回目と2回目の早期退職条件は全然違うハズなのに

前回の記事でも書きましたが、シャープの早期退職募集は今までに2回実施されています。

2012年に3000人、2015年に3200人、そして今回3度目の希望退職募集が行われる場合、予想では7000人募集と言われています。

これだけでも日本企業ではナイ感じがしますよね。

  • 社員を大切にし、採用した人との縁と人生を考えながら退職者を募る日本企業
  • 業績立て直しが最優先、社員の人生は特に考えない外資系企業

鴻海は台湾企業。

ですからアメリカやヨーロッパの外資系企業と考え方は一緒のハズ。

なのに何か昔の日本企業ノスタルジックを鴻海に期待してしまったんでしょうか?

でもその期待こそが、人生の選択を誤る要素にもなってしまいます。

私だけは大丈夫、リストラ対象になんてならないハズ

そう思って会社に残り続けている人もきっと多いんでしょうね。

 

残念な選択をしてしまうと...

例えば私のことを例にとって説明しますね。

私が早期退職したときの応募条件についてはこちらの記事にも書いてありますが、そのときに記載されていた内容だと

今回通常に退職した場合の退職金は170万円程度

になっていました。それが希望退職だと2000万円以上になっていました。これを逆に考えるとですね、

今回の希望退職募集には応募せず様子見してみたものの、どうしてもその後の会社のやり方が納得できず、1年後に普通に自主退社してしまったら、170万円しか貰えなかった

ということです。

初回募集にはどうしても決心がつかなかった、だって不安だから...と自分に言い訳をして、我慢して会社に残り続けたとしても、自分が良きせぬツラい状況に追い込まれたらどうですか?

『やっぱりあのとき、早期退職しておくべきだった...』って、絶対どこかで後悔しません??

私は絶対後悔すると思いました。

そしてそのとき、希望退職に応募しなかった自分の行動を一生後悔し続けるだろうって予測できました。

なので私は、あとのことを考えずにますは早期退職に応募して第二の人生セカンドライフに進むことを選択したのです。

 

自分が動かないと人生は変わらない

後先考えずに会社を辞めるなんて信じられない!と思われることでしょう。私の奥様もきっとそう思っていたんでしょうね。でもですね、

まず辞めて自分の人生の道を変えてみないと、次には進めない

自ら行動しなければ何も変化していかないのです。

会社を辞めるのが怖かったら、その前から自分は何がしたいのかを考えなから準備をしておく。

仕事が忙しくて準備ができなかったとしても、考える、思案する時間が無限にあります。

だからあなたも是非考えてみてください。

あなたの人生を今後どうしていきたいのかを。
 

早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法メルマガ登録
スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
早期タイ職マスター!加藤光騎
早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法管理人イラストスペインバルセロナの道バルにて地ビールちう

■早期タイ職マスター(自称)

当サイト運営者の加藤光騎です。 早期退職は「退く」にあらず! 夢を叶えるはじめの一歩です。 私は2012年10月、47歳のときに早期退職をし、生まれ育った北海道に帰省しました。 そしてパソコン1台でインターネット自営業の道を歩み、2015年12月に50歳で起業し夢を一つ実現しました。

⇒光騎の歩み、詳細はこちら
ポチッとお気持ちお願いします!
質問・相談いつでもどうぞ

お問い合せフォームへ

※私からの返信は基本的に24時間以内にいたしております(休日除く)。返信が届かない場合は「迷惑メール」に入っているかもしれませんので、一度ご確認くださいね。

記事カテゴリ
よく読まれている記事
早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法メルマガ登録
カテゴリー一覧

ページの先頭へ