40代50代のネット副業初心者は...⇒コレ1つに全集中!

SEOキーワードはいくつまで入れるべき?シンプルに考えてみよう

加藤コーキです。

Google検索で上位表示を獲得するときに重要となるのは、キーワードです。

というのも、Googleで検索をする読者があなたの記事を発見する時は、必ずキーワード検索で見つけるハズだから。

つまり読者は、今知りたい答えを探すためにGoogleで検索をし、知りたいコトに関連したキーワードを1つ、2つ、と入力。

あるいは、1つ入れて表示されるGoogleの示すサジェストワードに誘導されて、深堀り検索をすすめます。

そして読者は、その都度Googleが表示するSEO上位記事からタイトルを瞬時に見て、

「この記事には私の求めている答えが書いてありそう…」

と思ってもらえたら、初めて読んでもらえるという流れです。

つまり、Google検索で上位表示をされるためにもSEOを意識したキーワード選びと、いくつまで入れるのかはとても重要。

そこで、ここでは、Google検索で上位表示を獲得するためのSEOを意識したキーワードはいくつまで入れるべきか?について、私なりの意見をまとめました。

あなたが、SEOキーワードの数をいくつまでにすればイイのか悩んでいるのなら、ここにまとめた『いくつまで』の数を参考にしてください。

SEOを意識したキーワードはメッチャ重要な2つの理由

さて、あなたは次2つのうち、最も重要なのはどちらだと思いますか?

  1. Google AIにあなたが選んだキーワードをワードプレス設定で知らせるコト
  2. 読者にキーワードを入れたタイトルで知りたい内容の答えがあると知らしめるコト

まあ、真の正解はGoogle AIにしかワカリマセン。

ですが、正解が解らなくても、私達がしなければならないことは割とシンプルです。

1.よりも断然2.が重要です

読者にキーワードが入ったタイトルを見てもらい、知りたい内容の答えが記事にあると知らしめるコトが最も重要。

Google AIを意識するのは、

  • ワードプレスのメタキーワード設定

のみで充分です。

というか、今のGoogle AIは、タイトルから文章までを瞬時に読み取り、どんなことを書いてあるのかまでを把握できます。

ですから、

  • 既にGoogle AIは記事の順位を瞬時に決められる、世界で最も優秀な読者

と考えるべき。

だとするならば、

  • 私達は読者にタイトルで知りたい内容の答えがあると知らしめることに全力を注げばイイ

だけです。

SEO的にいくつまで入れるとかは、読者さんには関係ありませんから。

とはいえ、Google AIにSEOで上位表示してもらうためには、最低限のルールがあります。

それが、

  • ではキーワードをいくつまで入れるべきか?

ということです。

記事タイトルにはいくつまで?

まずSEO的に、最も重要なのは記事タイトルです。

読者がGoogle検索で一番最初にチェックするのは、

  • タイトルに知りたいワードが網羅されているかを見る

そして、自分の求める答えが書いてあるかどうかを、タイトル内容から瞬時に判断するからです。

なので、読者が答えとして求めるSEOを意識したキーワードは、記事タイトルに絶対に入っていなければなりません。

ただし、現在は、タイトルにキーワードを重複させて入れてもイイというワケではなく、複数回入れるのはむしろ悪影響とされています。

ですから、タイトルに入れるのはいくつまでが良いかというと、1回だけです。

大見出しが複数ある場合はいくつまで?

記事を書く場合は、たいがい大見出しが3つから4つになります。

そして大見出しにもいくつまで入れるかの基準は、記事タイトル同様に、

SEOで上位表示させたいワードをすべての大見出しに重複させて入れてはダメ

何度も重複させると、Google AIにスパムと評価され、SEOで低ランクの記事とみなされます。

ですから、SEO的にはいくつまでが良いのかというと、

  • 大見出しはあくまで読者目線で、自然な使い方にする

ことが一番です。

つまり、大見出しは合わせていくつまで良いか?というと、SEO的には1回で良いことになります。

例えば、あなたがSEOで上位表示させたいワードが、

  • seo
  • キーワード
  • いくつまで

だとしたら、大見出しには上記のキーワードが1つづつ入っていればOKということ。

読者が大見出しを読んで、ナチュラルな印象を受けるようになっていれば、OKだということです。

記事本文にはいくつまで?

では、記事本文の中にSEOキーワードはいくつまでいれるべきかは、

  • それぞれの出現数が4%~6%になることが推奨

と言われていますが、これもまたSEO的な正解はGoogle AIしか知りません。

ですが、読者目線で考えてみると、記事の中に4%~6%のSEOで上位表示させたいキーワードが入っていたら、むしろ自然な文章になっているのです。

例えば先程の、

  • seo
  • キーワード
  • いくつまで

だとしたら、それぞれ同じ数で4%~6%入っていたら、とても自然な文章になります。

こちらは、次のような無料ツールを使って、あなたが書いた記事をチェックしてみるとわかります。

ファンキーレイティング

ですから、記事本文にSEO的にいくつまで入れるのが正解かというと、

  • それぞれ同じ数で4%~6%程度

です。

まとめ

実際のところ、いくつまで良いのかという正解はGoogle AIしか知りません。

ですが、読者目線になってみれば、意外と答えはシンプルなのです。

読者が検索して知りたい答えのワードは、Google検索をした直前のワード1つです。

ですから、1記事に対してSEOで上位表示を獲得するためのワードも1つになります。

答えはすべて読者目線になって考えればワカルということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。