【人生を変える方法】あなたの人生は「決めた瞬間」から劇的に変化する!

あなたはこのようなことで悩んでいませんか?
  1.  今の仕事を辞めたい
  2.  お金に不自由しない生活をしたい
  3.  本当にやりたいことを見つけて楽しい人生にしたい

あなたがいま、
人生を変える方法を
お探しなら...

私のメルマガを
是非お読みください。

特典つき!光騎のメルマガご登録はこちらから

47歳の私に突然訪れた究極の選択


会社に勤めて二十数年。

平凡だと思っていた、
ごくごく普通のサラリーマン人生。

なのに突然社内で
40歳以上の社員に一斉通知された
「希望退職募集」のお知らせ

今回の希望退職に応募すれば、
初回特例として早期退職割増金が
通常退職時よりも多く支給されるという。

私はもう47歳、
サラリーマン人生は延長含め残り15年ほど。

このまま会社に残って、
普通のサラリーマン人生を全うすべきか...

それとも早期退職をして、
第二の人生セカンドライフに挑戦すべきか...

あなたならどちらを選びますか?

私は47歳で早期退職する道を選びました


こんにちは、当サイト運営者
早期タイ職マスター(自称 笑)の加藤です。

上のお話は私の実話で、
当時の私は悩みに悩みに悩みに悩んだすえ、
21年勤めた会社を早期退職しました。

夏にロンドン五輪が開催された2012年の秋のことでした。

早期退職してから数年経ちまして...

今では50オーバーとなりましたが、
おかげさまで日々を
元気に楽しく暮らしています。

早期退職したあとは、

  • 朝起きるのに目覚まし時計をセットすることもなく
  • 通勤電車にギュウギュウ詰めになることもなく
  • 自宅で1人仕事をし好きな時間に終了して晩酌する

というサラリーマン時代に
恋い焦がれていた生活をしています。

そして奥様と二人で

大好きな9回目のタイ
初チェンマイに夫婦たび

 

4回目のバリ島 ウブドの
プライベートプール付きヴィラに夫婦たび

 

メキシコ・カンクンに夫婦たび

夫婦の趣味であった海外旅行を、
旅行先のベストシーズンに合わせ
年2回好きな時に出かけています。

だからといって
早期退職でもらった退職金で
遊びまくっているわけではありません。

私や妻の生まれた家が
資産家だったわけでもありません。

それならサラリーマンしてないし。

私は早期退職後に覚えた仕事で、
サラリーマン以上の収入を
稼げるようになったんです。

それはパソコンを使った
ネットでお金を稼ぐ仕事です。

48歳からの再スタート、自宅で、ノートパソコン1台で


私はこのノートパソコン1台で
自宅でネットを使った仕事をはじめました。

そして

  • 働く場所が自由
  • 働く時間も自由
  • 休みも自由

という3つの夢を
ノートパソコン1台で
叶えることができました。

  1. それまでパソコンの達人だったワケでもなく
  2. パソコン関連の仕事だったワケでもなく
  3. 普通の建築資材系のルート営業セールスだったオッサン

どこにでもいる50近いオッサンが、
自宅にあったネットショッピング用の
ノートパソコン1台でお金を稼げるようになりました。

とはいえ
特別な才能があったワケではありません。

最初に始めた2013年なんて
1月から9月まで全然稼げませんでしたし、
カメのようなノロノロ歩きです。

↓2013年9月からの私の売上げ推移表(一部)↓
レントラックス売上履歴201309-201506

ですが報酬はその後も伸び、
2015年12月には地元札幌で法人化。

それからもネットビジネスで
優に累計3500万円以上を
現在進行系で稼ぎ続けています。

50を越えたオッサンが、
自宅の一室で、一人で、
ネットでビジネスで。

私の大好きなテレビ番組
「人生の楽園」
に登場する諸先輩のような、
畑を耕してペンションを経営したり…

といった生活とは全然ちがいます。

自宅でパソコンに向かって
ポチポチやってるだけなので、
私の仕事は全くテレビ映えはしません。

ですが充実した第二の人生、
私なりのセカンドライフを
とても楽しく過ごしています。

私だって最初は不安の毎日でした

だって会社を早期退職したものの、
失業保険をもらうために
通ったハローワークは、

30代前後の若者で
溢れかえっていましたから。

こうき
こうき
あっ、こりゃあ48歳になる俺に、満足できる就職先なんて絶対にないな…

直感でわかりました、再就職の厳しさが。

たぶん48歳で
特に特殊技能もない男が

運良く再就職できたとしても、
前の会社ほど給料はもらえないだろうと。

現にそのとおりでした。

48歳からの再就職なんて、
コネかヘッドハンティングでない限り
満足できる勤め先なんてありません。

こうき
こうき
だっだら、新しい仕事にチャレンジしてみるべか...

ダメモトというか、
ほぼ八方塞がりで始めたのが、
パソコンを使ったネットビジネスというだけ。

そして紆余曲折のすえ、
ネットビジネス初心者だった
アラフィフの私でも...

ネットでお金を稼ぐことができました。

ですから自分では

とりあえず早期退職、成功!

と思ってますので、
勝手に「早期タイ職マスター」を名乗っています。笑

でもですね、
こんな私にも唯一後悔していることがあります。

自称早期タイ職マスターの私が、
唯一後悔していること、それは

こうき
こうき
なんでサラリーマンだった頃から副業とかでネットビジネスに触れておかなかったんだろう...

副業でネットビジネスを経験しておけば、
もっともっと余裕のよっちゃんで
自信を持って早期退職できただろうに...

そう思ったんです。

あなたのお給料、下がってませんか?

2016年12月26日、
日本経済新聞朝刊の1面に
こんな記事が掲載されていたのをご存知でしょうか?

日本経済新聞2016年12月26日朝刊1面記事スクラップ

正社員の副業 後押し 政府指針、容認に転換 働き方改革
企業が就業規則を定める際に参考にする厚生労働省の「モデル就業規則」から副業・兼業禁止規定を年度内にもなくし「原則禁止」から「原則容認」に転換する...

日本政府が「働き方改革」として
正社員の副業や兼業を
後押しするという新聞報道です。

今までは完全禁止されていた
正社員の副業を
政府が法律を整備して積極推進する...

果たしてこの副業推進の目的は何なのでしょう。

あなたはこの報道から何を感じますか?

ハイ、私はこう感じました。

こうき
こうき
「政府公認による、会社側『給料減らし』の前触れかな?」

『当社はこれから副業を認めますので、
 お金をガンガン稼ぎたい人は
 自分で副業で稼いでください。

 ということで今後は
 給料をコレだけしか出せません』的な。

そして

『給料は成果主義にして毎年上下します』的な。

つまり国と会社側はハッキリと

  • 会社業績が悪化した場合の給料カット策の一つとして、これからは副業を認める

という方針にしたんだろうなーと思ったのです。

そして今までのような
社員の給料一律アップをやめたと。

給料はこれだけしか払えないので
あとは副業で頑張ってねと。

ここからは私の推測ですが、

  • 副業を認める代わりに給料アップをなくす
  • 会社として不要な人材の締め出し策として利用する
こうき
こうき
つまり私は今回の副業公認報道を不要な社員を解雇するための企業対策を政府が後押ししたんじゃないかと思いました。

不要社員クビにしやすい環境づくり、
とでも言いましょうか...

もちろんあなたが
今スグどうこうということはないでしょう。

ですがこれからは、

どんな企業も残業カット、賃金カット、不要社員の解雇は普通にある

と考えておかなければなりません。

残業もダメ、既に給料もボーナスも全然上がらない時代が来る

  • 残業させてもらえない
  • 業績不振でボーナス大激減
  • 今までと同じ生活水準を保てない

このような悩みを抱えている
サラリーマンが急増しています。

サラリーマンは
個人で好成績を上げていたとしても、
給料や賞与はさほど激増しません。

それどころか
会社が業績不振だと、

個人成績が優秀であっても
今後は給料や賞与が下がってしまいます。

そして国は副業を後押しするという。

正社員の給料以上に
お金が欲しかったら、
副業でも何でもして稼ぎなさいと。

会社に依存するばかりではなく、
あなたはあなたの稼ぎ方を探しなさいと。

そんなこと急に言われても...
確かに今後は、副業が当たり前になるかもしれない。
でも私はオッサンだし、仕事が終わってからバイトに行く体力も気力もないよ...

そうですよね、
仕事が終わってから
コンビニバイトなんて、

想像しただけでキツそうです。

だったら。

今からでも遅くはないので、
転ばぬ先の杖としてネットビジネスに触れてみたらどうですか?

というのが私の思いであり、

こうき
こうき
アラフィフの私が行ってきた方法であればお教えできますよ!

というのが今回のメルマガの趣旨です。

私のメルマガに登録していただいた方へ

こうき
こうき
私がどんな方法で
パソコンからお金を生み出したのか、
なんてことをすべてお伝えしています。

例えば無料ブログサービスを使って
毎月3万円ほどのお金を稼いだ方法とか。

その他にもネットでお金を稼いだ方法だとか。

早期退職割増金をはじめとする
資産運用にまつわるお話とか。

私は47歳で早期退職し
ノートパソコン1台だけで、
51歳で月153万円を稼げるようになったオッサンです。

そんなガチなオッサンの
右往左往ぶりを、
私のメルマガで楽しむことができます。笑

というのは半分ジョークで、
ここからは本音。

私は通算27年間
サラリーマンでしたから

サラリーマンが副業をする厳しさや、
早期退職を選択するときの気持ちなどは充分わかっています。

だからこそ、です。

こうき
こうき
会社の給料が先細りしている今こそ、転ばぬ先の杖として、パソコンで副収入を稼ぐ方法を知って欲しいのです

中高年が将来的に
ネットで稼ぎたいのなら、

今からパソコン1台で稼ぐ方法を
学び始めることはとても大事。

1歳でも若いほど、
少しでも早ければ早いほど、
やっぱり有利になりますから。

こうき
こうき
私も47歳のときに
『インターネットは稼げる』
という情報に触れたから今の私がいます
  • 「パソコンで自宅でお金を稼ぐのってちょっと興味あるな」
  • 「将来的にはインターネットビジネスをやってみたいな」

とあなたが感じたのなら、
是非私の無料メルマガに登録をしてください。

そして私の教える方法を、
あなたのペースで良いので
「真似て試して」みてください。

私のメルマガにご登録いただいた方限定のスペシャルプレゼント


今回私の無料メルマガにご登録いただいた方には

  1. ワタクシ光騎が月3万円稼いだ無料ブログの作り方解説書pdf + 実際のブログurl完全公開
  2. 無料ブログを使って、1日1時間の作業で、1週間で、1つのアフィリエイトサイトを作る「アフィリエイト7days実践ワーク講座」
  3. 本格的なサイトアフィリエイトを始める時に、知らないとソンする情報pdfどんどん配信

をプレゼントしています。

単なる「机上の空論」や
ネットで稼ぐ手法でしたら、
他の方からいくらでも貰えると思います。

でもそうではなくって、
この3つのプレゼントで
私が50歳で

「月3万円稼いだ無料ブログの現物」を見て

作ったときの考え方や手法を
完全に理解して真似ることができます。

そしてアフィリエイト7days実践ワーク講座で
あなたもワタクシ光騎と同じように
稼げる無料ブログを再現することができます。

更には大きく稼ぐための
サイトアフィリ1stステップで

少しでもお金を節約できるお役立ち情報を
初心者でも回り道せずに知ることができます。

つまりワタクシ光騎の
メルマガ登録のスペシャル特典は
どれも実例を実践形式でお教えするということ。

中高年がどんなブログを作ったら
稼げるのかって気になりませんか?

その答えをメルマガ登録してくださった方にプレゼントします。

とはいえココだけの話ですが、
このスペシャルプレゼントで公開した方法は、

独自ドメインサイトにそのまま応用すれば、物凄くとてつもない力を発揮する普遍の方法

なんです、実は。

これからはインターネットを使えるだけでチャンス!

これからの時代、
どんな第二の人生セカンドライフを過ごすにしても...

インターネットを使って

こうき
こうき
お金を稼ぐ方法を知っておけば、
中高年であろうと
どこかで必ず役に立つことは間違いありません。
  1. 大好きな農業をしながらインターネットで集客をして、顧客に直販売ができるようになります!
  2. 釣りを生業にしながらブログに釣果記録を投稿して集客し、お金を稼ぐことができるようになります!
  3. 趣味が昂じて蕎麦屋を開業しても、インターネットで集客して繁盛店にすることができます!

人生の楽園に出演される方々は、
自分が気に入った場所を終の棲家とし、
そこで農業・漁業・民宿・カフェなどで生計を立てておられますよね。

私の場合は、
その農業・漁業・民宿・カフェ
という生計を立てる手段が

「パソコンを使ったネットビジネス」

だったというだけ。

パソコンを使ったビジネスは、
終の棲家を探す必要もなく
自宅で今からでも出来る方法です。

そして今スグに、
誰にでも、
平等に、
参加できるビジネスです。

こうき
こうき
ネットビジネスをするのに
「早い」も「遅い」も関係ありません。

ヤル気さえあれば、
誰でもお金をかけずに始められるのが
ネットビジネスの良いところ。

中高年だろうと、
男性だろうと、
女性だろうと、
オネエだろうと何だろうと、

自宅にパソコン環境さえあれば、
誰にだってスグにできます。

インターネットという
世界中につながる巨大な大海原で、
あなたが自由自在に魚を釣る方法。

そんな方法を私のメルマガでお教えします。

特典つき!光騎のメルマガご登録はこちらから

50歳で月収150万以上を稼ぎ出し『ひっそりユルユルと毎日』を過ごす方法
★期間限定で公開中★