40代50代のネット副業初心者は...⇒コレ1つに全集中!

アフィリエイト初心者で記事が書けない人に教える『3つのコツ』とは?

加藤コーキです。

『アフィリエイトをしてみよう!』

と思って、気合いを入れてブログを作り、記事を書き始めてみた。

でも、スグに手が止まった。

『何も思いつかない…』

そんな経験、あなたにはありませんか?

記事が書けないというのは、アフィリエイト初心者なら誰しもが最初にぶつかる壁です。

だって、仕事で報告書とかを書くことはあっても、アフィリエイトの記事とは全く別モノですからね。

というか、そもそも通常の生活シーンで『記事を書く』という行為自体、滅多にありません。

『読む』ことはあっても、『書く』ことって、そんなに機会がナイんです。

『書く』というのは『創造』すること。

頭の中で思い描いたストーリーを、言葉にして生み出すことです。

なーんて聞くと、難しく聞こえるかもしれませんが、アフィリエイトの記事なんて、そんなに難しいものではありません。(キッパリ!)

コツさえ理解できれば、初心者でも売れる記事をスラスラーっと書くことなんて、スグにできます。

そこで、ここでは、アフィリエイト初心者で記事が書けない人に教える『3つのコツ』についてまとめました。

この記事はこんな人にオススメ!
  • アフィリエイト初心者の人
  • アフィリエイト初心者で記事書きに悩んでいる人
  • アフィリエイト初心者で記事が書けない人に教える『3つのコツ』を知りたい人

アフィリエイト初心者なんて期間限定の言葉

あなたがアフィリエイト初心者なら、そのことをまずは受け入れて、今できることから始めてください。

というのも、半年もアフィリエイトを続ければ、もう初心者ではなくなるから。

稼げるアフィリエイターに『なる・ならない』は別にしても、アフィリエイトを半年続けたら、もう初心者ではありません。

では、アフィリエイト初心者のうちに出来ることとは何か?というと、

  • 初心者の目線で記事を書く

ということ。

実はこの『初心者目線で記事を書く』というのが、アフィリエイトには一番重要。

読者さんに一番刺さる記事に仕上がるんです。

1.読者の『悩み』『問題』『欲求』とは?

アフィリエイトは、

  • 読者の持っている『悩み』『問題』『欲求』を解決できる商品やサービスを教えてあげること

読者さんは、なにか知りたい情報や解決したい問題があるから、ネット検索をして、その解決方法を探します。

ですから、アフィリエイターのすることは一つで、

  • 読者の問題が解決された明るい未来を示してあげること

「コウすればあなたの問題はきっと解決できますよ!」

「コノ商品を使ったら、こんなに良いことがありますよ!」

という明るい未来の姿を、読者さんに想像してもらうこと、与えることです。

ですから、そんな記事を目指して書くワケなんですが、初心者のうちはなかなか思いつきませんよね。

『どう書いたらイイのか、そもそもアイディアが浮かばないんですよ!』

みたいな。

そこで、アフィリエイト初心者にオススメするのが、次の方法です。

2.『体験談』をそのまま書く

アフィリエイト初心者の記事は『体験談』、コレが一番です。

  1. あなたが欲しいと思った商品やサービスを実際に試してみる
  2. 試してみると、イイところ悪いところがわかる
  3. そのまんま記事に書く
  4. オススメだったら、商品やサービスへアフィリリンクで誘導し、ダメなら次の方法を試して記事にする

コノ方法だったら、アフィリエイト初心者の記事も、ほぼほぼドキュメンタリー。

あなたのリアル体験記ですから、Googleの求めるオリジナル性もバッチリですし、何より『突撃レポート』を作る感じで楽しく書けます。

アフィリエイト初心者に限らず、大切なのは『事実』です。

そこにあなたの『想い』が乗れば、たとえ初心者であっても最高の記事になります。

3.初心者目線のアフィリエイト記事でメリット・デメリットを伝える

アフィリエイト初心者は、特に『デメリット』を誇張して書く意識を持ってください。

というのも、巷のアフィリエイターさんの多くは、

  • 商品やサービスをアフィリしたいがために、メリットばかりを強調した記事

を書く傾向にあります。

ですが、人って不思議なもので、

  • 人間関係が出来ていないと『良い』ものでも最初から信じることができない

『ホントにイイのか?』

って疑っちゃうんです、友人とか信用している人以外の話は。

そこで強みとなってくるのがデメリット。

あなた自身がどこかお店に行って、商品やサービスをセールスされる時のことを考えてみてください。

イイものはイイ、悪いものは悪いと、素直に言ってくれる定員さんの言葉を信じませんか?

メーカー社員と定員さんのスキル

ここで私の体験談を一つ。

先日、掃除機が壊れたので某ケー○デンキに夫婦で出かけたんです。

すると偶然、三○電機の掃除機フェアをやっていて、私達夫婦が近寄っていったら、メーカー社員さんが盛んに商品をPRしてきたんです。

『ココはこうで、ココが凄くで、こうコウこうで…』

と、自社の最新型掃除機のセールスポイントを盛んにPRする。

ですが、そんなのは、パンフレットや商品POPに書いてあるので、見りゃあスグわかる。

だから、全然心に響かないんですね、商品の良さが。

というか、私達夫婦が知りたいのは、

  • この掃除機を使ったら、私達の生活はどうなるのか?

なんですが、そこを全然言わず、ひたすら商品PRゴリゴリ…。

そんなとき、○ー○デンキの定員さんがスッと近づいてきて、

『いつもどんな感じで掃除機を使われてますか?』

『三○電機の掃除機は□□□ですが、パ○ソニックだとコウですから、使い勝手はこんな感じになりますねー』

といった感じで各メーカーの掃除機の解説をし、メリット・デメリットを詳しく教えてくれました。

知識を教えたうえで、『お好きなのどうぞ』的な感じです。

で、私達夫婦は、その定員さんの話を聞きつつ、メーカー毎にあまり大差がないのなら、フェア特典のたくさんついてる三○電機の掃除機にしようとしたんです。

そしたら、○ー○デンキの定員さんが最後にコッソリと、

『ウチって10年保証付けてますよね、ですから三○電機の掃除機を買ったら10年手前で持ってきてください。そうしたら無償点検でまたバッチリになりますから…』

と言ってきたんです。

私達夫婦がオトクになる生活情報を、最後まで教えてくれるそのサービス精神に、私達夫婦はすっかりヤラれて、気持ちよく掃除機を購入したのでした。

そして私達夫婦は思いました。

「コイツ、販売のプロだ…」

って。

まとめ

コノ私達夫婦の体験談って、まるっきりアフィリエイトに使えるようなストーリーですよね?

アフィリエイト初心者の記事も、このようなストーリー仕立てで体験談風に書けばイイだけです。

アフィリエイト初心者は、初心者なりの目線で記事を書く。

それが一番読者に伝わりますよ。

この記事のまとめ
  • アフィリエイト初心者の記事は、初心者の目線で記事を書くコトに徹する
  • アフィリエイト初心者の記事は『体験談』、コレが一番
  • アフィリエイト初心者の記事はストーリー仕立てで体験談風に書けばイイだけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。