40代で会社を辞めたい、移住したいと思ったときに取るべき行動

東南アジア タイワット・プラケオの写真

早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。

『40代で会社を辞めよう!』と真剣に考えているのなら、日本より物価の安い海外移住の可能性についても考えてみましょう。

スポンサードリンク

40代で会社を辞めたいと思ったら最初にすべきこと

40代で会社を辞めたいと思ったら、まずは

今から無理してでも毎月貯金をするべき

40代で会社を辞めて何を始めるにしても、お金は絶対に必要だからです。

また、もう会社を辞めることを前提に生活費をなるべく抑えるようにすることも大切です。

どんなにお金があっても、生活費でどんどん使ってしまうスタイルなら、常にお金に困窮してしまいます。

しかし殆どお金を使わなくても生活できるライフスタイルが出来ていたら、40代で会社を辞めて殆ど稼げなくたって生きてはいけるからです。

お金のかからない生活とは

  •  田舎での自給自足生活
  •  日本より物価の安い東南アジアなどへの移住

などが考えられますから、とにかく生活費を抑えることを前提にいろいろ考えてみましょう。

例えば田舎での自給自足生活をする場合には、自分の力でなんでもできるよう日曜大工や家庭菜園などに詳しくならなければなりません。

また東南アジアなどへの移住をするなら、少なからず英語や現地語を習得する必要があります。

このように40代で会社を辞めようと考えているのなら、準備しなければならないことが沢山あるのです。

 

収入源を確保しておこう

次に収入源の可能性の1つとして

インターネットで多少なりとも稼げるようになっておきましょう

インターネットで多少なりとも稼げれば、少なくともネットがつながる場所であれば、世界中どこでも暮らしていくことができるようになるからです。

YOUTUBERやブログライター、アフィリエイトなどで月に数万円は稼げるようになっておくこと。

これだけでも生活は黒字になるはずです。

しかし、これだけでは安心はできません。

今あなたができる特技を身に付けて、フリーランスのインストラクターになるようにしましょう。

田舎や東南アジアなどの発展途上国では、高い教育を受けた人や特殊なスキルを持つ人が不足しています。

だからあなたの興味のあることや趣味などを極めて、高いレベルになっておけば、田舎や東南アジアなどの発展途上国でもそのスキルを教えられるようになります。

他にライバルがいない状態になる場合も多いので、フリーランスのインストラクターになれればより生活が安定します。

もちろん教える側ですから、広告宣伝などをして習いたい人や生徒さん獲得を目指す必要はあります。

しかし田舎や東南アジアなどの発展途上国だと、都会ほど競争が激しくないので、都会でやっていけないような人でも、地方や発展途上国ではやっていける場合が多いです。

 

子供の将来のことも考えておく

問題は家族が子供がいる場合です。

配偶者の理解がスンナリ得られれば良いですが、そうでなければ離婚も視野に入れて考えなければなりません。

40代で会社を辞めて収入が途絶えれば、パートナーから別れて欲しいと言ってくる場合も多いので、焦って話を進めないことが大切です。

基本的には一緒に地方か発展途上国に行くことで解決するようにすべきです。

 

親の問題はどうするか

40代で会社を辞めて生活するとなると、親などの理解が得られないという場合もあります。

このような場合は、説得して無駄なら、早く説得は諦めて、勝手に移住してしまうと良いです。

田舎や東南アジアなどの発展途上国に移住をし、数年して生活が軌道に乗れば、親も認めざるえなくなります。

たいがいの場合は時間が解決してくれるので、親の反対は取り合うことはありません。

もちろん簡単に賛同して応援くれることもありますから、まずは説得を試みた方が良いです。

 

40代で仕事を辞めて移住するなら

まずは仕事を辞める前から、数か所の移住地を検討しておくことが大切です。

好きな田舎や東南アジアなどの発展途上国の気候や治安、文化、食事、物価などの様々な要因を加味して結論を出さなければなりません。

日常の状況を把握するために、視察で何度も旅行しながら現地の空気感を体感した方が良いです。

もちろん目的は移住のための視察なので、できれば数週間は現地滞在した方が良いです。

観光地として旅行するのと、移住候補として視察するのでは、まるで印象やチェックポイントも異なります。

過去に旅行で訪れた経験がある場所でも、もう一度、移住目的の目線で視察することをおすすめします。

また移住にあたっては急いて簡単に結論は出さず、色々な場所を回ってから結論を出すと良いです。

40代で会社を辞めてからの重要な生活拠点となる場所を決めるのですから、人生の上でも大きな決断となります。

焦ることはないので、あなたの心が本気になるまで時間をかけて選びましょう。

 

【まとめ】

  • 会社に依存しない収入源を確保しておこう
  • 親の問題も考えておくこと
  • 40代で仕事を辞めて移住するなら仕事を辞める前から、数か所の移住地を検討しておく

 
【追伸】
「中高年が副業で毎月3万円をパソコン1つで稼ぐ方法」を公開しています。

↓ ↓ ↓

早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法メルマガ登録
スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
早期タイ職マスター!加藤光騎
早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法管理人イラストスペインバルセロナの道バルにて地ビールちう

■早期タイ職マスター(自称)

当サイト運営者の加藤光騎です。 早期退職は「退く」にあらず! 夢を叶えるはじめの一歩です。 私は2012年10月、47歳のときに早期退職をし、生まれ育った北海道に帰省しました。 そしてパソコン1台でインターネット自営業の道を歩み、2015年12月に50歳で起業し夢を一つ実現しました。

⇒光騎の歩み、詳細はこちら
ポチッとお気持ちお願いします!
質問・相談いつでもどうぞ

お問い合せフォームへ

※私からの返信は基本的に24時間以内にいたしております(休日除く)。返信が届かない場合は「迷惑メール」に入っているかもしれませんので、一度ご確認くださいね。

記事カテゴリ
よく読まれている記事
早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法メルマガ登録
カテゴリー一覧

ページの先頭へ