40歳で会社を辞めたい!その前に絶対に知っておくべきこと

40歳で会社辞めたい

早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。

もしあなたが40歳で会社を辞めたいと考えているのなら...

知っておいて欲しいことがあります。

スポンサードリンク

サラリーマンの40歳は

サラリーマンにとって40歳は、入社してから約20年であり、60歳の定年までさらに20年と、就労人生のまさにど真ん中であり人生の節目でもあります。

中間管理職として責任もあり、後輩や上司からのプレッシャーを一番強く感じるポジションです。

そんな40歳で今働いている会社を辞めたいと感じてしまう人は多いですが、転職を考える前に十分な注意が必要です。

40歳で仕事を辞めたいと考える理由は3つ

40歳で仕事を辞めたいと考える理由は大きく3つの理由があります。

  •  スキルアップ
  •  ストレス
  •  病気

スキルアップを理由に会社を辞めたいと思う理由は、独立や現在の職場よりも高い収入やスキルを求めて退職するケースです。

極めて前向きな発想だと思いますので、チャンスがあれば少しでも若いうちに挑戦するのが良いと思います。

病気が理由の場合とは、何らかの疾病やけがにより会社でそのまま就労を継続することができない場合です。

症状が重い場合は、止むを得ず退職に踏みらねばならないこともあります。

病気が理由の場合はある意味自分ではどうすることもできないことですから、会社としても退職時に一定の配慮をしてくれるでしょう。

ストレスは一番多い理由

40歳で仕事を辞めたいと考える理由で一番多い理由はストレスです。

  •  上司や同僚との人間関係
  •  仕事で成果が出せないプレッシャー
  •  業績不振により人員整理の対象として希望退職者のリストに配置されるかも?

このように40歳になると仕事上の様々なストレス襲いかかってきます。

そして心の中では「会社辞めたい」とは常に思ってしまうものの、現在の日本経済の状況からも40歳での転職の厳しさは充分わかっていることから、嫌々仕事を続けている人が多いでしょう。

現実に40歳を過ぎると再就職は難しく、転職後に収入が維持できている人は転職者の30%以下と言われています。

収入が維持できている、もしくは収入が転職前よりも上がったという人は、医師や看護師、弁護士などの専門職、独立起業者などに多く、一般職の転職では収入が下がるケースが非常に多いです。

以前は40歳までと年齢制限があった求人も、現在では雇用対策法にて募集要項に年齢制限を設けてはいけないことから、年齢不問という募集内容の企業が多いです。

しかしながら現実面では、30歳までの若い世代の採用が多いのが実態です。

そのようなことから大きなストレスを抱えて仕事を続けた結果、鬱や神経障害などの精神疾患になる人も多いです。

40歳で会社を辞めるときの2つの注意点

40歳で会社を辞める決断をする場合、2つの点に注意しておきましょう。

  •  一つ目は収入を途切らさないこと

  •  もう一つは辞める時の自身のコンディション

特に家庭を持った人の場合は、収入が途切れること=生活苦につながるため、失業保険の手続きなど転職までの収入を確保することが大切です。

辞める時の自身のコンディションですが、不安やストレスを抱えたまま会社を辞めても不安は増すばかりです。

辞めると決意した以上、その後の生活に前向きに考え、計画を立てることです。

転職後に収入が下がるも、現在の職に満足しているという人は多く、そのような人のほとんどが、転職前に資格を取得するなど何らかのスキルを身につけたという人が多いです。

失業保険で収入があるうちに資格取得をし、再就職に備えるなど、就職活動中に自身のポテンシャルを高めることです。

資格が必須の業種では、有資格者は常に就職に有利なのは間違いありませんから。

また、以前の収入や立場はすべて忘れることも必要です。

40歳でいつまでも会社での過去の栄光にすがっていれば、新たな道の開拓はできません。

自身の状況を真摯に受けとめ、謙虚さと前向きな努力が転職を早めるでしょう。

早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法メルマガ登録
スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ