早期退職後の生活はコウなる

早期退職後の生活は自由!
早期タイ職マスター(自称)の加藤光騎です。

早期退職後の生活は、サラリーマン生活のそれとは著しく変化します。

何より「朝の時間の過ごし方」が激変。

私は47歳で早期退職をするまでは21年強、通算では26年間サラリーマンをしていましたから、平日は朝8時頃までには出社し、夜は平均でPM8時頃に会社から帰宅する毎日でした。

早期退職後の生活は激変した

ですが早期退職した翌日から、もう会社には出社しなくて良いワケです。

厳密に言うと、

早期退職届が会社に受理されて承認され、円滑な業務引継ぎが完了した時点から有給休暇の消化

ができましたので、早期退職日の前3週間くらいは出社しなくても良い「毎日お休みモード」に突入しました。

 
それまでは通算で27年間に渡るサラリーマン時代、朝は電車にゆられてAM8時頃に出社してましたから、起きるのは遅くてもAM6時半頃です。

そして会社を退社するのは平均でだいたいPM8時頃。

ですから最低でも1日のうちの半分以上の時間を、会社に費やしていたことになります。

 
ちなみに私が勤めていた会社は完全週休2日制、建築工事資材系の会社だったので、休日出勤はけっこう頻繁にありました。

休日出勤をすれば当然代休を取得する権利はありますが、工事系なので一人管理作業が多く代替者が余剰にはいなかったんですね。

ですからなかなか代休取得はできず、結果として休日出勤分はお金に変える(休日出勤手当)ことが多かったです。

また昔は残業も自己申告制だったので仕事の繁忙期には『し放題つけ放題』だったのですが、リーマンショック以降は毎月職場の暗黙のルールで[残業時間つけは40時間以下にすべし」という暗黙のルールがありました。

 
そんな典型的なサラリーマン生活が、早期退職後は激変します。

まさに「早期退職後は自由」になるワケです。

 
まずはじめに、土日でもない平日であっても朝早く起きなくて良くなります。

目が覚めるまでずぅ~っと寝ていてもイイわけですから、夜遅くまで呑んだくれながらテレビやインターネットに興じていても誰にも怒られません。

ですから早期退職後は誰にも何も言われない、「本当に自由な生活スタイル」になります。

とはいえ家庭の中で早期退職後に自由気ままに振る舞っていると、普通に働いている奥様には愚痴や小言をぶつけられることになります。

 

憧れていた生活スタイル


  • 時間を気にせずに、自然と目が覚めるまで寝て
  • 目覚めたらテレビをみながら遅いブランチを食べて
  • 昼間っから遊びに出かけるのも自由、家に引きこもるのも自由で
  • 気の向くままに、好きな時間からお酒だって飲んでイイ

早期退職後の人生では、まさにこのようなサラリーマン時代には憧れだった夢の生活を送ることは可能です。

仲間さえいれば「平日ゴルフ行きまくり」や「魚釣り行きまくり」だってできます。

いわゆるサラリーマン時代に恋い焦がれ、定年退職したらコウしてやると思い描いた自由な生活、これが早期退職後には65歳を待たずに若いうちから現実のモノになります。

 
でもですね、サラリーマン時代にあれほど理想だと思っていた自由な生活って...

いざ実行してみると不思議なもので結構スグ飽きちゃうんです

 
特に朝なんてサラリーマン時代の26年間の習慣が身に染みついているのか、目覚まし時計をセットしてなくってもAM6時前後に自然に目が覚めちゃいます。

こんなときは後悔するというか、

「なんて貧乏性なんだオレって...」

って思いますし、早く起きなくても良いのに目が覚めるとトクをした気分にはなりませんよね。

やっぱり26年かけて培われた習慣ってそうそう抜けませんから。

でもそんなサラリーマン習慣が抜け切らないとしても、早期退職後に「心がいつも晴れやかになること」があります。

 

毎日気分がイイ理由、それは

早期退職後に「毎日」「毎朝」気分がイイ!その理由は...

会社を辞めたった!というプライド心

 
重大な選択を乗り越えてようやく早期退職という自由を勝ち取ったという、何というか早期退職後の「自分を褒めてあげたいような」気持ちって言うんでしょうかね。

これが何事にも代えがたい気持ちよさなのです。

 
ウマく表現することはできないんですが、

「人生の大博打にチャレンジして、その勝負にオレは勝った!」みたいな気持ちなんですよ。

早期退職した時点では、まだ何にも始まってはいないんですけど。

ですが私の場合は「出社しない自由な時間を楽しむ」というよりも、「早期退職を選択をした自分が誇らしい」という気持ちのほうが強かったです。

 

意外だった会社への思い

また早期退職するまでは、それほど「会社のコトが嫌い」という感情はなかったつもりなのですが、イザ早期退職後になって振り返ってみると...

私は当時の会社に『また出社したい』という気持ちには一切なりませんでした。

やっぱり心のどこかでイヤになっていたというコトでしょうね、会社のことが。

ですから私は、勤めていた会社のコトさほど好きではなかったということです。

むしろ早期退職後に「行かなくなってセイセイした!」みたいな。

このようにして私は、実は会社勤めが好きじゃなかったコトを早期退職後の生活をしてから初めて気づかされました。

 

現実と常識のはざま

ですが早期退職後に退職金で大富豪になったワケでもないので、早期退職後は

  • 新たに就職先を見つけるか
  • 自分で何かビジネスを始めるか

まずはこれからの、早期退職後の生活をうまくするための「お金を稼ぐ」メドを立てなければなりません。

 
ですが私はとりあえず

 当面の間は失業保険を受給しながら食いつないで本当にヤリたいコトを探す!

ことだけは決めていたので、まずは失業保険の受給手続きから開始しました。

当面はお国のお世話になろうかと。

27年に渡るサラリーマン生活で、税金面では貢献してきたハズですから、初めての早期退職後くらいは「失業保険」を使わせてもらってもバチは当たりますまいと思ってです。

 
すると私の場合は、「会社都合扱い」「プラス勤続年数25年以上」という条件で早期退職してましたから、失業保険としては満額の330日分をもらえることになっていました。

サラリーマン当時の給料より低い額でしたが、仕事がなくても食べていける金額を約11ヶ月間受給できたんです。

ラッキーといえばラッキーですよね、全くの無職状態でも11ヶ月は国からお金がもらえるんですから。

日本という国はやっぱり素晴らしいです。

 
ですから私は焦って再就職先を探すのではなく、しばらく自分の人生をじっくり見つめなおすことから初めてみようと思い、

『オレは本当は何がしたいんだろう...』

って、時間の許す限り考えました。

そうした長考のすえ、結局早期退職後にたどり着いた答えが「自宅でインターネットを使ってお金を稼ぐ」というフリーランスビジネスの選択だったのです。

 
このつづきはコチラ
>早期退職は40代、そして50代で月153万円をPC1台で稼いじゃった秘密

 

【まとめ】

  • 早期退職後の暮らしはまさに自由自在
  • しかも定年退職と違って40代で自由になるのは超気持ちイイ!
  • とはいえ自由な生活はスグ飽きてくるのが不思議

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
はじめて当サイトへ来られた方へ

早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法管理人

ようこそ!早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法へ!!
初めて当サイトに来られた方は、まずこちらへどうぞ!

⇒こちら

管理人ご挨拶

早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法管理人イラスト

■早期タイ職マスター(自称)

当サイト運営者の加藤光騎です。
早期退職は「退く」にあらず!
退職こそ夢を叶えるはじめの一歩です。
私は2012年10月に47歳で自分でもまさかの早期退職をし、単身赴任先の本州から生まれ育った北海道に帰省しました。
そして早期退職後は自分の人生を見つめつつ、中年の再就職の厳しい現実を目の当たりにしつつインターネット自営業の道を選びました。
時間はかかりましたが、2015年12月苦節3年50歳、遂に地元北海道で起業し夢を一つ実現しました。

⇒管理人プロフィールつづきはこちら

質問・相談いつでもどうぞ

お問い合せフォームへ

ポチッとお気持ちお願いします!
最近の投稿
よく読まれている記事

ページの先頭へ