早期退職で夢実現!セカンドライフで3つの夢を叶える方法 管理人のプロフィールです


当サイト運営者(自称)早期退職マスターの加藤光騎(かとうこーき)と申します。

北海道生まれ北海道育ち、現在は札幌市在住の生粋の『どさん子』です。

1965年(昭和40年)2月に北海道の地方都市で生まれ、高校までを地元で過ごし、その後親元を離れ大学浪人するために大都会札幌へ。

ところが浪人中に『ススキノ』の魅力と魔術にかかり、パブ男としてアルバイトに精を出し過ぎ一浪後の再受験にもすべて失敗。

カンカンになって怒る両親をなんとか説き伏せ、ただただ札幌に(というかススキノに)いたいがために19歳から2年間札幌の専門学校に席を置くものの、学校には殆ど行かずススキノバイトと遊びに明け暮れる毎日でした。

道内で最初の社会人デビュー

専門学校卒業後も就職せずにプータロー状態を続けていたものの、このままではイケナイと思い、まずはツテを頼って札幌の小さな会社に21歳の夏に就職し念願の社会人デビュー。

私は『これでようやく夜の世界から日の当たる場所に出れた!!!』と順風満帆のつもりでしたが、就職先は道内の小さなビル管理会社だったので給料も安く、すぐにこんなハズじゃなかったのに...と途方に暮れる毎日。

それでもせっかく昼間の社会に出られたのだから、若いうちは修行・修行と自分に言い聞かせ『石の上にも三年』をモットーに勤め続けるものの、日々の不満は募るばかり。

そして迎えた25歳の冬、4年勤めて貰った冬のボーナスが総支給額19万円だったことでやるせない感情が完全爆発し、転職を決意しました。

最初の転職でようやく夢をつかんだかと...

幸い世相はバブル期の真っ只中1990年、私は高卒でしたが転職先がアッサリと決まり、全国大手企業の子会社のメーカー系工事管理会社の北海道営業所に無事中途採用されました。

ここの待遇は北海道企業ではありえないほと良かったです。

当時ではまだ少なかった完全週休二日制、朝7時前出勤時には朝食手当、昼ごはん手当付き、夜7時以降の残業時には夕食手当といった待遇で、しかも最初に貰った給料が手取りで25歳冬のボーナスを遥かに超えことに大いに喜んでいました。

そんなこんなで30歳になったとき、3つ年下の今の奥様と結婚し、その前の年に新居用にと35年ローンで買っていた札幌郊外の3LDKマンションで新婚生活をスタート。

仕事も順調で昇格も人並みで昇給も順調でしたので、ある意味幸せな転職成功者だと自分でも思っていました。

でもですね...そんな高待遇で勤め続けていると、それらが当たり前となってきまして。

そうなると不思議なもので、今までは考えもしなかった不満がいろいろと出てくるものなんですね。

『オレは優秀なんだからもっと給料貰ってもイイはずだ!』なーんて自分を過大評価したり、上司が無能に見えてきて鋭く批判したりして...

いま振り返って考えてみると、かなりイヤな部下だったでしょうねタブン。

当時の上司のみなさん本当にすいませんでした。

私の運命を変えた2つのできごと

そんなとき私に2つの出来事が起こります。

1つ目は後に良いことへと転換した奥様の就職にまつわる家庭の事、そしてもう一つは最悪の結末となった知人の借金根保証人の事です。

この2つの出来事が複雑に絡み合って、私の人生はまた大きなうねりに飲み込まれるごとく変化し、のちにサラリーマンとしての天国と地獄を同時に味わうことになります。(このお話はまた別の機会にでもお話しますね)

そして41歳で初めての転勤辞令、しかも北海道を出て暮らしたことのない生粋のどさん子にとって、最もハードルの高い東京都心での単身赴任生活となりました。

その後も赴任地を転々と移動させられ1年で2度配置換えされること2回、早期退職に応じるまでの単身赴任生活は6年半に及び、その間は5度の単身引越しを経験しました。

そんな47歳の夏、親会社だけで行われるハズだった早期退職の枠が、子会社・孫会社といったグループ会社まで拡大されて45歳以上の社員が対象になったのです。

青天の霹靂、まさに降って湧いたような早期退職の募集です。

その時私は、会社のことは確かにイヤだったけど、だからって辞めてまでヤッてみたいことなんて特になかったんです。

しかも『早期退職なんて、会社側が都合のいいように社員をリストラしたいだけに違いない!』と思っていました。

そして早期退職の募集要項が対象者一人ひとりに手渡され、『絶対に会社の策略にはハマってやるもんか!』と思いつつ早期退職支給金を見たトキに...

衝撃を覚えました

『これだけまとまったお金があったら、会社を辞めて第二の人生に踏み出せるかも...』

もちろんベラボウに高い金額が書いてあったわけではありません。

でもですね、その金額を見たトキに私の中で閃きというか、新しい自分のビジョンが天から突然降ってきたような、そんな衝撃を受けたのです、今考えてみても不思議なのですが

 
天啓...という言葉がピッタリでした。

それからというもの私の考えることは、どうやったら円満に早期退職できるか?ということばかり。

  •  奥様をどうやって説得しよう?
  •  早期退職した後は何しよう?
  •  今の自分に何ができるだろう?

そんな思いがグルングルンと頭の中を駆け巡っているんです。

幸い、早期退職募集の応募期間は1ヶ月後でしたので、この間に色んなことを考えました。

そして行動に移し、奥様の説得を試みたのです。(このへんのお話は記事内で詳細にお話します)

そして紆余曲折を経て47歳になった2015年10月に円満に会社を早期退職。

当時仙台で単身赴任注だった私は、荷物をまとめて自宅に送り、自分は某地方都市からフェリーで本州を後にし、一路北海道に帰りました。

第二の人生、セカンドライフ

札幌に帰ってきてからのことは、これから当ブログの記事にまとめていきます。

そして何故、北海道に戻ってきたとき、再就職する道を選ばずにインターネットビジネスを選んだのか、についてもお話しようと思っています。

まあ結論から言うと

再就職したって前の会社の給料までは稼げないし、だったらサラリーマンじゃない自由な仕事を自己責任でしてみよう
 
と思ったのがインターネットビジネスに挑戦しようと思ったキッカケです。

でもそう思ったからこそ50歳になっても自分の小さな会社を作れるようになるのですから、人生って不思議ですよね。

それもこれもすべてはインターネットという環境があったからこそですし、アフィリエイトというシステムがあったから成立したものです。

インターネットで第二の人生セカンドライフを迎える幸せ

インターネットで自宅にいながらお金を稼ぐ!なんて夢物語だと思っている人もたくさんいるでしょう。

でも私の場合はかなり時間はかかったものの、第二の人生(セカンドライフ)で、50歳となった2015年に3つの夢にまた一歩近づくことができました。

201508レントラ売上

【インターネットアフィリエイトASPレントラックスの2015.07-08私の売上管理表切り抜き】

普通のサラリーマンだった私にも出来たのです。

アナタにだって絶対にできるはずですし、いくつになっても夢を諦ることはありません。

当ブログでは私に興味を持ってくださったアナタの夢を応援させいただきます。

私の辿った早期退職後の第二の人生(セカンドライフ)が、アナタの道しるべとなれば幸いです。

PS.
私への質問があれば何でもお気軽にどうぞ!

>加藤光騎に質問してみる

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
はじめて当サイトへ来られた方へ
ようこそ!早期退職は副業から セカンドライフで3つの夢を叶える方法へ!!
セカンドライフで夢実現!soukitaisyokuで3つの夢を叶える方法管理人
初めて当サイトに来られた方は、まずこちらへどうぞ!

⇒こちら
管理人ご挨拶

■早期タイ職マスター(自称)
当サイト運営者の加藤光騎です。
早期退職は「退く」にあらず!夢を叶えるはじめの一歩です。私は2012年10月に47歳で自分でもビックリの早期退職をし、単身赴任先の本州から生まれ育った北海道に帰省しました。そして早期退職後は自分の人生を見つめつつ、中年の再就職の厳しい現実を目の当たりにし、八方塞がりの状態からインターネット自営業の道を選びました。時間はかかりましたが、2015年12月苦節3年50歳、遂に地元北海道で起業し夢を一つ実現しました。
⇒管理人プロフィールつづきはこちら
質問・相談いつでもどうぞ
お問い合せフォームへ
記事更新をメールでお知らせ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ記事更新をメールで受信できます。

ご声援お願いします
最近の投稿
よく読まれている記事